じょうざん (常山)

学名  Dichroa febrifuga
日本名  ジョウザン
科名(日本名)  ユキノシタ科、又はアジサイ科
  日本語別名  ジョウザンアジサイ
漢名  黃常山(コウジョウサン,huangchangshan)
科名(漢名)  虎耳草(コジソウ,hu'ercao)科
  漢語別名  常山、鷄骨常山、鷄骨風、風骨木、白常山、大金刀、蜀漆
英名  
2008/06/22 豊島園

 ジョウザン属 Dichroa(黄常山)屬には、東南アジアに約10種がある。
   ジョウザン D. febrifuga(黄常山・常山・鷄骨常山)
 『雲南の植物Ⅲ』121
   D. yaoshanensis(羅蒙常山) 
 ジョウザン属は、旧来ユキノシタ科 Saxifragaceae(虎耳草科) アジサイ亜科 Subfam. Hydrangeoidae(八仙花亞科)に属させてきたが、近年ではユキノシタ科からアジサイ科 Hydrangeaceae を独立させ、そこに置くことが一般化しつつある。
 
 中国(長江以南及び陝西・甘肅南部)・インドシナ半島・インド・インドネシア・フィリピンに分布。
 中国では、根を常山と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.445-447 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index