こくさぎ (小臭木) 

学名  Orixa japonica
日本名  コクサギ
科名(日本名)  ミカン科
  日本語別名  
漢名  日本常山(ニホンジョウザン,ribenchangshan)
科名(漢名)  芸香(ウンコウ,yunxiang)科
  漢語別名  臭山羊、臭常山、和常山
英名 (English Name)  
2007/04/06 薬用植物園
2008/04/29 神代植物公園
 コクサギ属 Orixa(常山屬)は、1属1種。
 ミカン科 Rutaceae(芸香科)については、ミカン科を見よ。
 なお、クサギはクマツヅラ科の落葉樹。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)常山に、「コクサギ ノグサ城州鞍馬 クサギ羽州 ヂヤウザン同上 ヘミノチヤ越前 トモメ藝州 トウメウ備前播州 チヤビシヤギ阿州 センズイ熊野 常山」と。但し、常山はアジサイ科のジョウザンアジサイ Dichroa febrifuga(黃常山)であり、コクサギではない。
 属名は、ツンベリー C.P.Thunberg,1743-1828 が、片仮名のコクサギを見誤ってオリサギと読んだことから、という。
 日本(本州以南)・朝鮮(南部)・中国(東部乃至貴州)に分布。
 植物体にカンフェンとリナロールを含み、悪臭がある。
 根・茎・葉を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index