かがみぐさ (鏡草) 

学名  Ampelopsis japonica (=A. serjaniaefolia)
日本名  カガミグサ
科名(日本名)  ブドウ科
  日本語別名  ビャクレン
漢名  白蘞(ハクレン,bailian)
科名(漢名)  葡萄(ホトウ,putao)科
  漢語別名  五爪藤(ゴソウトウ,wuzhuateng)、山地瓜、野紅薯、白根、山葡萄秧、貓兒卵
英名  
2007/04/19 薬用植物園
2007/06/07 薬用植物園
2004/07/04 薬用植物園
2007/07/21 同上

 ノブドウ属 Ampelopsis(蛇葡萄屬)については、ノブドウを見よ。
 和名カガミグサの意は不明、という。
 なお、ヤマブキダイコンガガイモなども、カガミ・カガミグサの異名を持つ。
 薟は、レン,lian3 と読めばブドウ科の蔓性植物の汎称、ヤブカラシ(烏蘞苺,ウレンバイ,wulianmei)・カガミグサ(白蘞,ハクレン,bailian)など。豨薟と熟せば キケン,xi1xian1 と読み、メナモミを指す(『漢語大詞典』『漢語大字典』『諸橋大漢和辞典』など)
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)白蘞に、「和名也末加々美」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)白蘞に、「和名夜末賀々美」と。
 中国原産、東北・華北・華東・河北・陝西・河南・湖北・四川に分布。
 日本には享保
(1716-1736)年間に渡来。
 肥大した塊根を白蘞(びゃくれん)と呼び、薬用にする。なお、中国では 地方により、
   A. aconitifolia var. glabra
(掌裂草葡萄)
   Tetrastigma hypoglaucum (粉背崖爬藤) 
ブドウ科ミツバカズラ属 
   Cynanchum auriculatum (飛來鶴) 
ガガイモ科カモメズル属、フナバラソウの同属 
   コイケマ Cynanchum wilfordii (隔山消・對山飄・無梁藤・隔山橇) 
同上 
   Cynanchum otophyllum (靑洋參・奶漿草・大耳白薇) 
同上 
   Melothria heterophylla (茅瓜) 
ウリ科スズメウリ属 
などを、白蘞の名で薬用にする。
『中薬志Ⅰ』pp.178-180 
 『日本書紀』巻1・第8段一書第6に、大己貴命(おほあなむちのみこと,大国主命)の時、「一箇(ひとり)の小男(をぐな)有りて、白蘞(かがみ)の皮を以て舟に為り、鷦鷯(さざき,ミソサザイ)の羽を以て衣にして、潮水(しほ)の(まにま)に浮き到」ったが、それは高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の子の一人、少彦名命(すくなびこなのみこと)であったと。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index