まんさく (満作) 

学名  Hamamelis japonica
日本名  マンサク
科名(日本名)  マンサク科
  日本語別名  ネソ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  (Japanese) Witch hazel
2005/03/03  神代植物園
2005/03/12 せせらぎ公園

2007/04/13 せせらぎ公園

2006/12/03 神代植物公園


 マンサク科 Hamamelidaceae(金縷梅科)には、世界の亜熱帯・温帯に22-30属約80-100種がある。
   Altingia(蕈樹屬)
     A. chinensis(蕈樹)
     A. gracilipes(細枝蕈樹)
     A. yunnanensis(雲南蕈樹)
   Chunia(假馬蹄荷屬)
     C. bucklandioides(假馬蹄荷)
   トサミズキ属 Corylopsis(蠟瓣花屬)
   マルバノキ属 Disanthus(雙花木屬)
 日本・中国に1-2種
     マルバノキ
(ベニマンサク) D. cercidifolius
       var. longipes(長柄雙花木)
   イスノキ属 Distylium(蚊母樹屬)
   Eustigma(秀柱花屬)
     E. oblongifolium(秀柱花)
   Fortunearia(牛鼻栓屬)
     F. sinensis(牛鼻栓)
   マンサク属 Hamamelis(金縷梅屬)
   フウ属 Liquidambar(楓香屬)
   トキワマンサク属 Lolopetalum(■
{繼の糸偏に木偏を代入}木屬)
   Mytilaria(殻菜果屬)
     M. laosensis(殻菜果)
   Rhodoleia(紅苞木屬)
     R. championii(紅苞木)
     R. parvipetala(小花紅苞木)
   Semiliquidambar(半楓香屬)
     S. cathayensis(半楓荷)
   Sinowilsonia(山白樹屬)
     S. henryi(山白樹)
   Sycopsis(水絲梨屬)
     S. dunnii(尖水絲梨)
     S. sinensis(水絲梨)
     S. tutcheri(鈍水絲梨)
   Symingtonia(馬蹄荷屬)
     S. populnea(馬蹄荷)
     S. tonkinensos(大果馬蹄荷)
   Tetrathyrium(四葯門花屬) 
 マンサク属 Hamamelis(金縷梅屬)には、東アジア・北アメリカに5-6種がある。
   マンサク H. japonica 
本州・四国・九州に分布
     オオバマンサク var. megaphylla
     マルバマンサク var. obtusata 
北海道・本州の日本海側に分布
       アカバナマンサク f. incarnata 
瓣全体が赤い
       ニシキマンサク f. flavo-purpurascens 
瓣の基部が赤みを帯びる
     アテツマンサク var. bitchuensis 
中国・四国に分布
   シナマンサク H. mollis(金縷梅)
   アメリカマンサク H. virginiana 
 和名は「先ずさく」の意で、早春にほかの花に先駆けて花開くことからと言う。(フクジュソウにもマンサクの別名がある。) 
 ネソ・ネリソ・ネッソなどの名は、「柴などを結える材料の枝とか樹皮などを呼ぶので綯麻
(ないそ)の意であろう」(武田久吉『民俗と植物』)。ネソの名は、クロモジガマズミコバノガマズミ、サワシバなどにもある。
 漢名を金縷梅(キンルバイ,jinlümei)というものは シナマンサクだが、日本ではマンサクにも通用する。
 日本特産種、北海道渡島半島から鹿児島県までの温帯に分布。
 枝をねじっていかだや合掌造りの骨組みを結えるのに用いる。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index