ときわまんさく (常盤満作) 

学名  Loropetalum chinense
日本名  トキワマンサク
科名(日本名)  マンサク科
  日本語別名  
漢名  {繼の糸に木を代入}木(ケイボク,jimu) 
科名(漢名)  金縷梅(キンルバイ,jinlümei)科
  漢語別名  ■柴(ケイサイ,jichai)、堅漆(ケンシツ,jianqi)、山漆柴(サンシツサイ,shanqichai)
英名  Chinese loropetalum
2007/04/10 小石川植物園
2007/04/19 薬用植物園


 トキワマンサク属 Loropetalum(■{繼の糸偏に木偏を代入}木屬)は、日本・中国・ヒマラヤに1-3種がある。
   トキワマンサク L. chinense(■木)
     ベニバナトキワマンサク var. rubra
 マンサク科 Hamamelidaceae(金縷梅科)については、マンサク科を見よ。
 和名は、常緑のマンサク。マンサクを見よ。
 漢名を金縷梅というものは、マンサク。
 日本(三重県伊勢神宮・熊本県小岱山・静岡県湖西)・中国(長江中下流以南かつ北回帰線以北)・インド(北東部)に分布。
 日本では絶滅危惧ⅠA類(CR)。
 1905年、中国から輸入されたランの鉢から生えたものに和名が与えられた。
 1931年、伊勢神宮で自生木十数本を発見、1969年熊本県荒尾市小岱山でも発見。
 根・葉・花果を薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index