こうぞ(こうぞ)

学名  Broussonetia kazinoki × Broussonetia papyrifera
日本名  コウゾ
科名(日本名)  クワ科
  日本語別名  
漢名  小構樹(ショウコウジュ,xiaogoushu)
科名(漢名)  桑(ソウ,sang)科
  漢語別名  葡蟠(ホバン,pupan)、女穀(ジョコク,nügu)、穀皮樹
英名  
2010/04/11 神代植物公園  「コウゾ Broussonetia kazinoki」と表示

2007/05/12 同上
2007/06/28 同上
2006/08/13 同上
2006/11/18 同上
カジノキ Broussonetia(構樹屬)には、次のようなものがある(『日本の野生植物 木本Ⅰ』)
  ツルコウゾ B. kaempferi (穀皮藤)
藤本、雌雄異株。日本(山口県・四国・九州)・中国(華中・華南)・
        臺灣に分布。中国では全株を薬用にする。
  ヒメコウゾ B. kazinoki (小構樹・葡蟠・女穀・穀皮樹) 
低木(高2-5m)。雌雄同株。4-5月に
        若い枝の葉腋ごとに1個の花序を伸ばし、上部の葉腋に雌花序(球形、花柱を除いて直径
        約4mm、花柱は赤色、長約5mm)、下部に雄花序(球形、直径約1cm)をつける。集合果は球形、
        直径約1.5cm。日本(本州・四国・九州)・朝鮮・中国(華中・華南)に分布。中国では根・根皮・樹皮・
        葉を薬用にする。日中ともに、コウゾとヒメコウゾを含めて、コウゾ(小構樹・葡蟠・女穀)と
        汎称する。
  カジノキ B. papyrifera (構樹・楮樹・穀漿樹・桷・鹿仔樹;E.paper mulberry)
        
高木(高5-10m)。雌雄異株。開花期は5-6月。雄花序は円筒形、長3-9cm、径約1cm。雌花序は
        球形、直径約1cm、花柱は長7-8mm。集合果は球形、直径約3cm。中国(黄河・長江・珠江流域)・
        インドシナ・マレーシア・インド・オセアニアに分布、日本では稀に栽培。中国では乳液・根皮・
        樹皮・葉・果実・種子を薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.424-426、『雲南の植物Ⅱ』158
   コウゾ B. kazinoki×B. papyrifera カジノキとヒメコウゾの雑種、カジノキに近いものと、ヒメコウゾに
        近いものがある。栽培するものはカジノキに近く、雌雄異株、ほとんど結実しない。
        ヒメコウゾに近いものは、雌雄同株。なお、日中ともに、コウゾとヒメコウゾを含めて、
        コウゾ(小構樹・葡蟠・女穀)と汎称する。
 
 クワ科 Moraceae(桑科)については、クワ科を見よ。
 学名と漢名に対して、和名はコウゾ・ヒメコウゾとカジノキが入れ替っている。
 これら両者は、歴史的にも混同されてきた。一説に、コウゾ・カジノキともに、古名カゾの転訛と言う。
 和名は 古くはタク(栲)、朝鮮語 tak(「栲の木」の意)に由来するという。タクは、のちにはこの木から作る白布の意に転じた。
 この木が後に紙の材料とされるようになると、コウゾと呼ばれた。すなわち、コウゾは「紙のソ」の転訛、ソは繊維の意。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)楮実に、「和名加知乃岐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)32に、楮は「カウゾ コゾノキ カゴ豊前丹後 カヂノハ豫州」と、構は「カヂ和名鈔 カヂノキ カミノキ又カウゾ」と、また「一種ヒメカウゾアリ、一名ヤコソ豫州 カヂノキ同上 ヒヲ備後 タフ紀州 イヌカウゾ城州 ヤフカウジ江州」と。
 梶の字は、漢語では梶(ビ,wei)、木の「こずえ」の意。日本語でこれを「かじ(かぢ)」と読むのは、船の「かじ(かぢ,舵)」を「船尾木」ととらえたことから起った誤用。これを植物の「かじ(かぢ)」に充てたのは、同音による更なる転用。
 漢名は、古くは穀、楮、構。
 上の辨を見よ。
 ヒメコウゾ・コウゾ・カジノキは、皮を剥ぎ、蒸して水に浸し、ほぐして繊維を採る。
 中国では、賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種穀楮」が載る。
 日本では、コウゾ類から取った繊維を糸にしたものを、木綿(ゆう・ゆふ)と呼ぶ。
 木綿を織って作った布を、太布
(たふ)・栲(たえ・たく)・栲布(たくぬの)などと呼ぶ。漉いた紙を楮紙(こうぞがみ)と呼ぶ。
 木綿(ゆう)を用いては幣(ぬさ)を作り、神事にサカキにかけて垂らした。『日本書紀』巻1 神代第7段一書(第三)を見よ。

 また、『日本書紀』24皇極天皇2年2月に、「是の月、風ふき雷なりて雨氷
(ひさめ)ふる。冬の令(まつりごと)を行えばなり。国の内の巫覡(かむなき)等、枝葉(しば)を折り取りて、木綿(ゆふ)を懸(しで)掛けて、大臣(おほおみ)の橋を渡る時を伺候(うかが)ひて、争(いそ)ぎて神語(かむこと)の入微(たへ)なる説(ことば)を陳(の)ぶ。其の巫(かむなき)甚多(にへさ)にして、悉に聴くべからず」と。
 同3年3月にも、「是の月に、国の内の巫覡(かむなき)等、枝葉(しば)を折り取りて、木綿(ゆふ)を懸(しで)掛けて、大臣(おほおみ)の橋を渡る時を伺(うかが)ひて、争(いそ)ぎて神語(かむこと)の入微(たへ)なる説(ことば)を陳(の)ぶ。其の巫(かむなき)甚多(にへさ)なり。具
(つぶさ)に聴くべからず」と。
 また「ゆふたすき(木綿で作った襷)」は、やはり神事に用いた。『日本書紀』巻13允恭天皇4年9月の条に、「是(ここ)に、諸人(もろひと)、各(おのおの)木綿手繦(ゆふたすき)を著(し)て、釜(なべ)に赴(ゆ)きて探湯(くかたち)す」と。

 『万葉集』に、

   ひさかたの 天の原より 生(あ)れ来たる 神の命(みこと)
   奥山の 賢木
(さかき)の枝に 白香つけ 木綿とりつけて・・・
     反歌
   木綿畳 手に取り持ちて かくだにも 吾は乞ひなむ 君にあ
(逢)はじかも
       
(3/379;380, 大伴坂上郎女。「祭神歌」)
   ・・・ たら乳根の 母の命は いはいべ
(斎瓮)を 前に坐ゑ置きて
   一手には 木綿取り持ちて 一手には 和細布
(にぎたへ)(まつ)
   平けく ま幸
(さき)く坐(ま)せと 天地の 神祇を乞ひ祷(の)め ・・・
       
(3/443,大伴三中)
   ・・・ 吾が独り子の 草枕 客
(たび)にし往けば
   竹珠を 密
(しじ)に貫き垂れ 斎(いはひ)(瓮)に 木綿取りし(垂)でて
   しはひつつ 吾が思ふ吾子
(あこ) 真さきく有りこそ
       
(9/1790,読人知らず)
   みわ山の 山辺(やまべ)真そ木綿(ゆふ) 短木綿(みじかゆふ)
     かくのみ故に 長しと思ひき
       
 (2/157,高市皇子尊。十市皇女を悼んで)
   後れにし 人を思
(しの)はく 四泥(しで)の埼 木綿取りし(垂)でて さきくとそ念ふ
       
(6/1031,丹比屋主真人)
   木綿懸けて 祭る三諸の 神さびて 斎
(いつ)くにはあらず 人目多みこそ
       
(7/1377,読人知らず)
   木綿懸けて 斎く此の神社
(もり) 超えぬべく 念ほゆるかも 恋ひの繁きに
       
(7/1378,読人知らず)
   ・・・木綿手次
(たすき) 肩に取り掛け・・・ (19/4236,読人知らず)
 木綿を用いて花を造り、木綿花(ゆふはな)と呼んだ。

   白香付く 木綿は花物 こと
(言)こそは 何時のまさかも 常忘らえね
       
(12/2993,読人知らず)
   山高み 白木綿花に 落ちたぎつ 瀧の河内は 見れど飽かぬかも
       
(6/909,笠金村)
   山高み 白木綿花に 落ちたぎつ 夏身の川門
(かはと) 見れど飽かぬかも
       
(9/1736,式部大倭)
   泊瀬女
(はつせめ)の 造る木綿花 み吉野の 瀧の水沫(みなわ)に 開(さ)きにけらずや
       
(6/912,笠金村)
   泊瀬川 白木綿花に 堕ちたぎつ 瀬を清けみと 見に来し吾を
       
(7/1107,読み人知らず)
   あふ(逢)坂を 打ち出でて見れば 淡海の海 白木綿花に 浪立ち渡る
       
(13/3238,読人知らず)

 日常生活の中における木綿
(ゆふ)を詠った歌に、

   こま人の 額髪
(ぬかがみ)結へる 染め木綿の 染みにし心 我忘れめや
       
(11/2496,読人知らず)
   ・・・ 蜷
(みな)の腸(わた) か黒き髪に 真木綿持ち あさざ結ひ垂れ
   日本
(やまと)の 黄楊(つげ)の小櫛を 抑へ挿す 刺細(さすたへ)の子
   それそ吾が妻
       
(13/3295,読人知らず)
   緑子の 若子がみ
(身)には 垂乳(たらち)し 母に懐(うだ)かえ
   褨襁
(ひむつき)の 平生(はふこ)がみ(身)には
     ゆふ
(木綿)かた(肩)(きぬ) ひつら(純裏)に縫ひき(着) ・・・
   打つそ
(麻)やし 麻績(をみ)の児ら あり衣(ぎぬ)の 宝の子らが
     打栲
(うちたへ)は 経て織る布 ・・・
       
(16/3791,読人知らず) 
 栲・細(たへ)を詠った歌に、

   ・・・ 白細に 舎人
(とねり)装いひて ・・・
       
(3/475,大伴家持。安積皇子を悼んで。白衣は喪服)
   ・・・ 大殿を 振りさけ見れば 白細布に 飾り奉りて
   内日刺す 宮の舎人も 雪
(たへ)の穂の 麻衣(あさぎぬ)(き)れば ・・・
       
(13/3324,読人知らず「挽歌」。「栲の穂」は 純白の意)

   我が為と 織女
(たなばたつめ)が 其の屋戸に
     織る白布
(しろたへ)は 織りてけむかも (10/2027,読人知らず)
   君にあはず 久しき時ゆ 織る服
(はた)の 白栲衣 垢づくまでに
       
(10/2028,読人知らず)
   我が背児が 白細衣 往き触れば にほひぬべくも もみつ山かも
       
(10/2192,読人知らず)
   白細の 手本寛
(ゆた)けく 人の宿(ぬ)る 味宿(うまい)は寝ずや 恋ひ渡りなむ
       
(12/2963,読人知らず)
   馬並めて 高の山べを 白妙に にほはしたるは 梅の花かも
       
(10/1859,読人知らず)
   粗妙の 布衣をだに き
(着)せがてに かくや歎かむ せむすべをなみ
       
(5/901,読人知らず。「老身重病、経年辛苦、児らを思ふ歌」)
   ・・・ 我が宿
(ね)たる 衣の上ゆ 朝月夜 清かに見れば
   栲の穂に 夜の霜落
(ふ)り 磐床に 川の水凝り ・・・
       
(1/79,読人知らず)
 コウゾ・カジノキから作る、ゆう(ゆふ)・たく・たえ(たへ)・たふは、日常に親しいものであったゆえか、これらの言葉はいくつもの枕詞の一部となり、かつそれらの使用頻度が高い。
 たとえば、次のような枕詞が使われた。

 「あらたへ(荒妙・荒栲)の」は、藤にかかる。
  
(これは、荒栲はフジの樹皮の繊維から作ることから。フジを見よ)
 「うつゆふ(虚木綿)の」は、まさき国・こもるにかかる。
 「しきたへ(敷妙・敷細・布細布)の」は、枕・手枕・床・家・袖・衣手などにかかる。
 「しろたへ(白妙・白栲・白細布・白細)の」は、衣・袖・緒など布で作ったものや、月・雪・鶴・卯の花など白いもの、または藤江の浦・かしは・夕波・浜名などにかかる。
 「たくづの(栲綱)の」は、白・新羅にかかる。
 「たくなは(栲縄)の」は、長き・千尋にかかる。
 「たくひれ(栲領巾・細領巾)の」は、カケにかかり、また白・鷺坂山にかかる。
 「たくぶすま(栲衾)」は、白・新羅にかかる。
 「ゆふだすき(木綿襷)」は、かける・かたなどにかかる。
 「ゆふだたみ(木綿畳)」は、手向けの山・田上(たなかみ)山、あるいはタにかかる。
 「ゆふはな(木綿花)の」は、栄ゆにかかる。
 
 『万葉集』から、それぞれ用例を挙げる。

   やすみしし 吾が大王の 高照らす 日の皇子
   荒妙の 藤原がうへに 食
(を)す国を み(見)し賜はむと ・・・
       
(1/50,読人知らず)
   ・・・ 虚木綿の こもりてをれば ・・・
       
(9/1809,高橋虫麻呂)
   愛
(うつく)しき 人の纏(ま)きてし 敷細の 吾が手枕を 纏く人有らめや
       
(3/438,大伴旅人)
   春過ぎて 夏来るらし 白妙の 衣乾したり 天の香来山
       
(1/28,持統天皇)
   ・・・ 
   ちちのみ
(実)の ちち(父)のみこと(命)は たくづのの しらひげ(白鬚)のうえ(上)
   なみだ
(涙)(垂)り なげ(歎)きのた(宣賜)ばく ・・・
       
(20/4409,防人の別れを悲しむ歌)
   栲縄の 永き命を 欲りしくは 絶えずて人を 見まく欲れこそ
       
(4/704,巫部麻蘇娘子)
   細ひれの 鷺坂山の 白つつじ 吾ににほはね 妹に示さむ
       
(9/1694,読人知らず)
   たくぶすま 新羅へいます きみ
(君)がめ(目)
     けふ
(今日)かあす(明日)かと いは(斎)ひてま(待)たむ
       
(15/3587,読人知らず)
   ・・・ 木綿たすき 肩に取り掛け 倭文幣
(しつぬさ)を 手に取り持ちて ・・・
       
(19/4236,読人知らず)
   木綿畳 手向の山を 今日越えて いづれの野辺に 廬
(いほり)せむ吾
       
(6/1017,大伴坂上郎女)
   ・・・ 万代に しかしもあらむと 木綿花の 栄ゆる時に ・・・
       
(2/199,柿本人麻呂)
 なお、『万葉集』に、

   あしがり
(足柄)の わをかけやまの(不詳) かづの木の
     わ
(吾)をかづさねも かづ(穀)(割)かずとも (14/3432,読人知らず)

とある「かづの木」は、ヌルデあるいはカジノキ。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「山椒(さんせう)るひ」に、「梶(かぢ) 葉ハふやうの葉のごとく也。世俗、七月七夕ニ此葉ニ詩歌ヲ書テ二星に献ずなり」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index