ふよう (芙蓉) 

学名  Hibiscus mutabilis
日本名  フヨウ
科名(日本名)  アオイ科
  日本語別名  キハチス
漢名  木芙蓉(ボクフヨウ,mufurong)
科名(漢名)  錦葵(キンキ,jinkui)科
  漢語別名  山芙蓉(サンフヨウ,shanfurong)・地芙蓉、木蓮、華木、拒霜(キョソウ,jushuang)
英名  Cotton rose, Confederate rose
2008/09/11 羽村市

白花品   2004/09/21 跡見学園女子大学新座キャンパス

2004/08/07 同左


 花は、一重ざき・淡紅色が基本。白花や八重ざきの品種がある。
 八重ざきの内に、朝 開いたときは白、昼ごろからピンク色に染まり始め、夕方には赤くなる種類があり、これを美人が次第に酒に酔うさまになぞらえて、スイフヨウcv.Versicolor(醉芙蓉,zuifuyang) と呼ぶ。
 フヨウ属 Hibiscus(木槿屬)の植物には、約200種以上がある。
   H. arnottianus ハワイのオアフ島原産、白花
   H. cancellatus (黄茄花・格紋葉木槿)
   アオイツナソ(ケナフ) H. cannabinus (洋麻・野麻・大麻槿;E.Kenaf)
   H. clayii ハワイ諸島原産
   モミジアオイ H. coccineus (紅秋葵;E.Scarlet rose mallow)
        
『中国本草図録』Ⅱ/0698
   H. genevii
インド洋モーリシャス島原産
   モンテンボク
(テリハハマボウ) H. glaber 小笠原産
   ノリアサ H. glutinotexile(Abelmoschus glutinotextilis)
   ハマボウ H. hamabo
   H. humbertianus
マダガスカル島産
   アメリカフヨウ H. hybridus 
   H. kokio 橙色の花、ハワイ諸島原産
   H. liliflorus
インド洋マスカリン諸島産
   サキシマフヨウ H. makinoi
   ソコベニアオイ H. militaris(E.Helberd-leaved rose mallow)
   クサフヨウ
(アメリカフヨウ) H. moscheutos(E.Rose mallow,Marsh mallow)
   フヨウ H. mutabilis (木芙蓉・山芙蓉・拒霜;E.Cotton rose, Confederate rose)
       
 『中国本草図録』Ⅱ/0699
     スイフヨウ cv.Versicolor(醉芙蓉,zuifuyang)
   イオウトウフヨウ H. pacificus
   H. palustris (草芙蓉)
   H. paramutabilis(廬山芙蓉)
   H. punaluvensis ハワイ諸島原産
   ブッソウゲ H. rosa-sinensis (朱槿・佛桑・扶桑;E.Chinese hibiscus,
       Rose of China)
 『中国本草図録』Ⅱ/0700
     ユリザキムクゲ var. liliflorus
   ローゼルソウ H. sabdariffa (玫瑰茄・山茄;E.Roselle)
 『中国本草図録』Ⅲ/1275
       
アフリカ原産、広く熱帯で栽培。果実を食用・醸造用。
   フウリンブッソウゲ H. schizopetalus (吊燈花・燈籠花・拱手花藍・假西藏紅花;
       E.Fringed hibiscus)『中国本草図録』Ⅸ/4234
   H. sinosyriacus(中華木槿)
   H. storckii フィジー諸島産
   ムクゲ H. syriacus (木槿・木錦・荊條;E.Shrubby balthaea, Rose of Sharon,
        Syrian hibiscus)
   ヤマフヨウ H. taiwanensis
   オオハマボウ
(ヤマアサ) H. tiliaceus (黄槿・海麻;E.Coastcotton tree,
       Yellow mallow tree)
 熱帯に分布。 『中国本草図録』Ⅰ/0201
   ギンセンカ H. trionum (野西瓜苗・香鈴草;E.Bladder ketmia,
       Flower of an hour)『中国雑草原色図鑑』133 
   H. waimeae ハワイ諸島原産、白花

 園芸品としてのハイビスカス Hawaian hibiscus については、ブッソウゲを見よ。 
 アオイ科 Malvaceae(錦葵科)については、アオイ科を見よ。
 漢語では、芙蓉の語は本来ハスの花を指す。のちフヨウの花がハスの花に似ているというので、これをも芙蓉と呼ぶようになったもの。
 両者を区別するためには、フヨウを木芙蓉・ハスを水芙蓉と呼びわける。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)32に、「木芙蓉 フヨウ キハチス」と。
 和名は、したがって、漢名の略称による。
 原産地は中国中部と推定されている。
 古くから日本で栽培され、本州
(伊豆半島・紀伊半島)・九州の一部では野生している。
 今日では、インド・インドシナでも栽培する。
 観賞用のほか、花・葉・根皮を薬用にする。
 中国では、五代(907-960)の十国の一・後蜀(925-965)では、首都成都城にあまねく芙蓉を植えた。これが秋に花開くと 場内は錦の刺繍のようになるので、この城は錦城と呼ばれた(『成都記』)

   枝ぶりの日ごとにかはる芙蓉かな 
(芭蕉,1644-1694)
   霧雨の空を芙蓉の天気哉 
(同)
 

スイフヨウ


2004/09/16 朝
  東久留米市下里
朝から昼、夕方、翌朝にかけての花の色の変化



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index