けなふ (ケナフ) 

学名  Hibiscus cannabinus
日本名  ケナフ
科名(日本名)  アオイ科
  日本語別名  ヤンマ(洋麻)、タイ・ジュート、アオイツナソ
漢名  洋麻(ヨウマ,yangma)
科名(漢名)  錦葵(キンキ,jinkui)科
  漢語別名  野麻(ヤマ,yema)、大麻槿(タイマキン,damajin)
英名  Kenaf, Ambari hemp
2007/05/10 薬用植物園
2007/07/21 同上
2007/08/13 同上
2007/10/08 同上

 フヨウ属 Hibiscus(木槿屬)の植物については、フヨウ属を見よ。
 
 アフリカまたはインド原産。世界の熱帯・温帯で広く栽培されている。
 靭皮から繊維を採り、ジュートの代用として麻袋・魚網・ロープあるいは紙などを作る。木質部は燃料用とし、種子からは油を採れる。
 葉・キナ・種子を 薬用にする。
 二酸化炭素の吸収効率が高く、環境改善用に注目されている。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index