しなみざくら (支那実桜)

 学名  Cerasus pseudocerasus (Prunus pseudocerasus, P. pauciflora)
 和名  シナミザクラ
 科名(和)  バラ科
  別名(和)  ミザクラ、カラミザクラ(唐実桜)、シナオウトウ(支那桜桃)
 漢名  櫻桃(オウトウ,yingtao)
 科名(漢)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  別名(漢)  含桃(ガントウ,hantao)、楔(セツ,xie)、荊桃(ケイトウ,jingtao)、英桃(エイトウ,yingtao)、朱桃(シュトウ,zhutao)、鴬桃(オウトウ,yingtao)、崖蜜(ガイミツ,yami)、朱櫻(シュオウ,zhuying)、紫櫻(シオウ,ziying)、蠟櫻(ロウオウ,laying)、麥櫻(バクオウ,maiying)、麥英(バクエイ,maiying)
 英名  

2005/03/25 跡見学園女子大学新座キャンパス 
2007/03/07 同上 

2012/03/28 同上

2004/04/24 同上
2005/05/09 同上


 サクラ類の実であるサクランボは、いずれも食えるが、ヤマザクラ・ソメイヨシノなどの実は苦いので、一般には食わない。大粒で美味な果実をつける種をミザクラと呼び、世界に数種類があって、食用に栽培する。
 普通にさくらんぼ
(桜坊)として売られているものは、西洋種のセイヨウミザクラ(英名は Sweet cherry) P. avium。ここに掲げるものは、中国在来種のさくらんぼ。
 スモモ属(サクラ属) Prunus(梅屬)の植物については、スモモ属を見よ。
 サクラ亜属(櫻桃亞属)〔或はサクラ属 Cerasus〕については、サクラ亜属を見よ。
 桜一般についてはさくらの項を見よ。
     日本では、桜桃をユスラウメと訓じるが、誤り。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)桜桃に、「和名波々加乃美、一名加尓波佐久良乃美」と。
 中国では、歴史的には、櫻とはたいていの場合、櫻桃(シナミザクラ)を指した。
 一名を含桃・鶯桃というのは、コウライウグイス(黄鶯)がこの実を口に含んで食うことから(『呂氏春秋』高誘注)。
 学名の種小名 pseudo-cerasus については、セイヨウミザクラの訓・誌を見よ。
 中国原産、華北・華中に分布。日本でも中国・四国地方でまれに栽培される。
 観賞用の栽培品種に、ツバキカンザクラ(椿寒桜)・ケイオウザクラ(啓翁桜)などがある。
      果を食用にし、葉・核(櫻桃核)を薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.497-499
 中国では、その実を
紅珊瑚(コウサンゴ,hongshanhu)・紅玉(コウギョク,hongyu)・紅珠(コウシュ,hongzhu)・水晶珠(スイショウシュ,shuijingzhu)・火齊珠(カセイシュ,huoqizhu)・火色貝(カショクバイ,juosebei)などと美称する。
 『礼記』「月令」五月に、「羞(すす)むるに含桃を以てし、先づ寝廟に薦む」と。
 『爾雅』釈木に、「楔(セツ,xie)、荊桃。〔今の桜桃なり。〕」と。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻4に、「桜桃」が載る。
 日本の明治以降の詩文に登場するサクランボは、おそらく、ほとんど全ての場合セイヨウミザクラであろう。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
エド 跡見群芳譜トップ 桜花譜index ヤエベニシダレ アーモンド ギョイコウ ヤマザクラ イトザクラ