せいようみざくら (西洋実桜)

 学名  Cerasus avium (Prunus avium)
 和名  セイヨウミザクラ
 科名(和)  バラ科
  別名(和)  カンカオウトウ(甘果桜桃)、サクランボ(桜坊)
 漢名  歐洲甜櫻桃(オウシュウテンオウトウ,ouzhoutianyingtao)
 科名(漢)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  別名(漢)  
 英名  Sweet cherry, Cherry


2009/04/20 福島県飯坂町


 サクラ類の実であるサクランボは、いずれも食えるが、ヤマザクラ・ソメイヨシノなどの実は苦いので、一般には食わない。大粒で美味な果実をつける種をミザクラと呼び、世界に数種類があって、食用に栽培する。
 今日流通していて生食するサクランボは、ほとんどはセイヨウミザクラ。欧米を中心に栽培されているサクランボとして、ほかにスミノミザクラ
(酸味の実桜,サンカオウトウ(酸果桜桃)。英名は Sour cherry) P.cerasus、セイヨウミザクラとスミノミザクラの雑種(英名は Duke cherry) P.gondouini があり、世界中の温帯で栽培されている。
 一方、中国で古来食われてきたサクランボは、シナミザクラ
(ミザクラ・カラミザクラ) P. pseudocerasus(櫻桃)。
 スモモ属(サクラ属) Prunus(梅屬)の植物については、スモモ属を見よ。
 サクラ亜属(櫻桃亞属)〔或はサクラ属 Cerasus〕については、サクラ亜属を見よ。
 桜一般についてはさくらの項を見よ。
 サクランボ(桜坊)とは、サクラの果実。
 英名 cherry は、ラテン語の cerasia から。下の誌を見よ。
 西アジア・南東ヨーロッパ原産。ヨーロッパでは古くから栽培され、アメリカでは18世紀から栽培されている。
 日本には明治5年(1872)に導入され、北海道・東北で栽培されている。主産地は一貫して山形県。
 74B.C.、ローマ軍はポントスに侵攻し、黒海南沿岸の都市ケラスス Cerasus(現在のトルコの Giresun)に駐屯した。このとき、ローマ軍はこの地に特産のさくらんぼに魅了され、これを本国に持ち帰った。これは cerasia と呼ばれ、やがて広く帝国の各地に広まっていった。
 ある種のさくらんぼの学名の種小名に、cerasus, pseudo-cerasus とあるのは、これに由来する。
 英語の cherry
(さくらんぼ), cerise(さくらんぼ色)などの語は、cerasus が ノルマン語のシェリーズ cherise を経由して 訛ったもの。
 中国の、および日本の江戸時代以前のサクランボについては、シナミザクラを見よ。
 日本の明治以降の詩文に登場するサクランボは、おそらく、ほとんど全ての場合このセイヨウミザクラであろう。

   さくらんぼいまださ青に光るこそ悲しかりけれ花ちりしのち 
(北原白秋『桐の花』1913)

   黄になりて桜桃の葉のおつる音午後の日ざしに聞こゆるものを
     
(1946,齋藤茂吉『白き山』) 
 
 山形県の県木。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
エド 跡見群芳譜トップ 桜花譜index ヤエベニシダレ アーモンド ギョイコウ ヤマザクラ イトザクラ