おおばなおけら (大花朮) 

学名  Atractylodes macrocephala (A. ovata, Atractylis macrocephala, Atractylis ovata)
日本名  オオバナオケラ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  ビャクジュツ(白朮)
漢名  白朮(ハクチュツ,baizhu,びゃくじゅつ)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  于朮(ウチュツ,yuzhu,うじゅつ)、朮
英名  
2007/04/19 薬用植物園 2008/06/01 同左
2007/07/21 同上
2007/10/08 同上

 オケラ属 Atractylodes(蒼朮屬)の植物については、オケラを見よ。
 朮の音義については、オケラを見よ。
 中国の、長江流域原産という。今日ではほとんど自生はなく、中国(安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩湖・四川・貴州)で栽培、中でも浙江省は最大の産地。
 根茎を薬用にし、白朮と呼ぶ。蒼朮・白朮という生薬については、オケラを見よ。
 白朮は、屠蘇散(とそさん)に調合する。屠蘇散とは、中国の魏の名医 華陀(かだ)が処方したと伝えられる漢方薬、肉桂山椒・白朮・桔梗防風陳皮などを調合したもの。これを清酒または味醂につけたものを屠蘇酒と呼び、正月に飲む。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index