まんてま

学名  Silene gallica var. quinquevulnera
日本名  マンテマ
科名(日本名)  ナデシコ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Small flowered catchfly
2009/06/20 直江津市居多(こたがはま)


 マンテマ属 Silene(蠅子草屬)には、世界に約600種がある。
 なお、マンテマ属の一部を、フシグロ属 Melandryum(女婁菜屬)として分けることがある。

   コケマンテマ S. acaulis
ピレネー・アルプス・アペニン原産
   S. alaschanica(賀蘭山蠅子草)
   マツヨイセンノウ
(ヒロハノマンテマ) S. alba(Lychnis alba) ヨーロッパ・西アジア原産
     ssp. divaricata(M.boissieri;白花蠅子草)
 新疆産
   S. alexandrae(齋桑蠅子草)
   S. altaica(S.fruticulosa;阿爾泰蠅子草)
   ムシトリマンテマ S. antirrhina 
北アメリカ原産
   アオモリマンテマ S. aomorensis
   ヒメケフシグロ(コフシグロ) S. aprica(Melandryum apricum;女婁菜・罐罐花)
         
『中国本草図録』Ⅷ/3543・『中国雑草原色図鑑』55
   ムシトリナデシコ(ハエトリナデシコ) S. armeria(高雪輪)ヨーロッパ原産
   S. asclepiadea(馬利筋蠅子草)
   S. batangensis(巴塘蠅子草)
   S. capitata(頭序蠅子草)
   S. cardioptera(心瓣蠅子草)
   コムギセンノウ S. coelirosa(Lychnis coelirosa)
地中海地方原産
   ヒメシラタマソウ S. conica 
中・南ヨーロッパ原産
   オオシラタマソウ S. conoidea (米瓦罐・麥瓶草)
 ポルトガル・南スペイン・西南アジア原産
         
『中国本草図録』Ⅶ/3070・『中国雑草原色図鑑』55
   S. delavayi(洱源土桔梗・淳三七)
 『雲南の植物Ⅰ』102・『中国本草図録』Ⅵ/2571
   フタマタマンテマ(ホザキマンテマ・マンテマモドキ) S. dichotoma 東ヨーロッパ原産
   ヒロハノマンテマ(アケボノセンノウ) S. dioica (Melandryum dioicum,
         Lychnis dioica;紅剪秋羅; Melandryum dioicum)ヨーロッパ原産
   S. esquamata(無鱗蠅子草) 
『雲南の植物Ⅰ』102
   フシグロ S. firma(Melandryum firmum;堅硬女婁菜・光萼女婁菜・粗壯女婁菜)
   エゾマンテマ S. foliosa(葉蠅子草)
   S. fortunei (蠅子草・粘蝿草・蒼蠅花・山銀柴胡)『中薬志Ⅰ』pp.504-510
   S. gallica(S.anglica;西歐蠅子草)
      シロバナマンテマ var. gallica 
中・南ヨーロッパ原産
      マンテマ var. quinquevulnera(西歐蠅子草)
      イタリーマンテマ
(ケナシマンテマ) var. giraldii サルデーニャ島原産
   S. gonospermum(M.apelatum;無瓣女婁菜・隱瓣蠅子草)
 『中国本草図録』Ⅷ/3544
   S. gracilicaulis
     var. gracilicaulis
『雲南の植物』79
     var. rubescens
『雲南の植物』79
   S. graminifolia(禾葉蠅子草)
   S. grandiflora(M.grandiflorum;大花女婁菜・大花蠅子草・金蝴蝶)
           『中国本草図録』Ⅷ/3544
   S. himalayensis(喜馬拉雅蠅子草)
   S. holopetala(全緣蠅子草)
   S. hupehensis(湖北蠅子草)
   S. jenisseensis (山螞蚱・旱麥瓶草・山銀柴胡・黄柴胡・鐵柴胡)『中薬志Ⅰ』pp.504-510
     var. oliganthella(長白旱麥瓶草)
 『中国本草図録』Ⅳ/1612
   S. kantzeensis(簇生蠅子草)
   オオビランジ S. keiskei(Melandryum keiskei)
     ビランジ var. minor
     タカネビランジ var. akaishialpina
     カムイビランジ var. hidaka-alpina(Melandryum hidaka-alpina)
   S. komarovii(輪傘蠅子草)
   S. lankongensis(洱源蠅子草)
   S. macrostyla(長柱蠅子草)
   S. melanantha(黑花蠅子草)
   S. namlaensis(墨托蠅子草)
   S. napuligera(紡錘蠅子草)
   S. nepalensis(M.multicaule;尼泊爾蠅子草)
   S. nigrescens(變黑蠅子草)
ヒマラヤ産
   ツキミセンノウ S. noctiflora(夜花蠅子草) 中・南ヨーロッパ原産
   ツキミマンテマ S. nocturna
地中海地方原産
   S. nutans ピレネー・アルプス・アペニン原産
   S. oblanceolata
『雲南の植物』79
   S. odoratissima(香蠅子草)
   S. olgiana(沙生蠅子草)
   サクラマンテマ(フクロマンテマ・オオマンテマ) S. pendula(大蔓櫻草) 地中海地方原産
   S. platypetala(寛瓣蠅子草)
   S. platyphylla(寛葉蠅子草)
   S. pseudotenuis(昭蘇蠅子草)
   S. quadriloba(四裂蠅子草)
   カラフトマンテマ S. repens(匍生蠅子草・蔓莖蠅子草・葫蘆草蘆)
        
 『中国本草図録』Ⅲ/1108・『中国雑草原色図鑑』56
     チシママンテマ var. latifolia
     アポイマンテマ var. apoiensis
   M. rubicundum (紅女婁菜)
   S. schafta コーカサス原産
   S. scopulorum(岩生蠅子草)
   S. songarica(M.brachypetalum;準{口葛}爾蠅子草)
   スガワラビランジ S. stenophylla
   S. stewartiana(大子蠅子草)
   S. suaveolens(細裂蠅子草)
   S. tatarinowii (M.tatarinoeii;石生蠅子草・山女婁菜)
   S. tenuis (九頭草・細蠅子草)
   S. vanosa(狗筋麥瓶草)
 『中国本草図録』Ⅸ/4097
   S. viscidula(粘萼蠅子草)
   M. viscidum var. szechuanensis (四川粘毛女婁菜・青骨藤・瓦草)
   シラタマソウ S. vulgaris ヨーロッパ原産
     var. commutata(白玉草)
   タカネマンテマ S. wahlbergella(S.uralensis;Melandryum apetalum;
        Lychnis apetala)
   S. wolgensis(伏爾加蠅子草)
   テバコマンテマ S. yanoei(Melandryum yanoei)
   S. yetii(Lychnis glanduloso;腺毛蠅子草)
     var. herbiligera(多裂腺毛蠅子草)
   S. yunnanensis(雲南蠅子草)
『雲南の植物』78

 ナデシコ科 Caryophyllaceae(石竹科)については、ナデシコ科を見よ。
 和名は、一説に、マンテマンの略で、マンテマンはアグロステンマ Agrostemma(ムギセンノウ属)の転訛という(牧野)。別の説では、ハママンテマ A. maritima の種小名の転訛という(深津)。
 属名は、一説にギリシア語の sialon(唾液)に起源するといい、一説にディオニュソスの従者シレノス Silenos に因むという。
 ヨーロッパ原産。
 マンテマは、天保
(1830-1844)或は弘化(1844-1848)年間に日本に入る。今は本州(福島・新潟以南)・四国・九州の海岸地方に帰化している。
 シロバナマンテマは、弘化年間に入ったという。今は北海道・本州・四国・九州の海岸地方に帰化している。
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index