やぶたばこ (藪たばこ)

学名  Carpesium abrotanoides
日本名  ヤブタバコ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  天名精(テンメイセイ,tianmingjing)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  天蔓靑・天門精、地萩、活鹿草、鶴蝨(カクシツ,heshi,実の名)、杜牛膝(根の名)
英名  

2009/08/09 秋が瀬

2007/10/04 神代植物公園

(葉は裏側)

2008/11/13 神代植物公園

2008/01/10 同上


 ガンクビソウ属 Carpesium(天名精屬)については、ガンクビソウ属を見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)天名精に、「和名波末多加奈、一名波末布久良佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)天名精に、「和名波末太加奈、一云波万不久良」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)に、「天名精 イヌノシリ
古名 イノシリグサ同上 ハマフクラ和名鈔 ハマタカナ同上 ヤブタバコ今名 キツネノタバコ イノジリ勢州 ウラジロ佐州 ハイグサ播州」と。
 日本(全国)・朝鮮・中国(全国)・臺灣・ヒマラヤに分布、西アジア・ヨーロッパに帰化。
 中国では、その果実を鶴蝨(北鶴蝨)と呼び、薬用にする。
 鶴蝨(カクシツ,heshi)と呼ぶ中薬には次のようなものがある。
『中薬志Ⅱ』pp.467-477
   ノラニンジン Daucus carota(野胡蘿蔔・南鶴蝨)
       
ニンジン var. sativa(胡蘿蔔)の野生化したもの
   ヤブタバコ Carpesium abrotanoides(天名精・北鶴蝨)
   ヤブジラミ Torilis japonica(T.authriscus;竊衣・破子草・華南鶴蝨)
   ノムラサキ Lappula echinata var. heteracantha(鶴蝨・東北鶴蝨
       
『中国本草図録』Ⅳ/1817 
 日本では、全草を天名精(てんみょうせい)と呼び、薬用にする。
 『爾雅』釋草に、「茢薽(レツシン,liezhen)、豕首(シシュ,shishou)」と、郭璞注に「『本草』曰、彘盧(テイロ,zhilu)、一名蟾■{虫偏に諸}蘭(センショラン,chanzhulan)。今江東呼豨首(キシュ,xishou)。可以●{火偏に芻}(ソウ,chao)蠶蛹(サンヨウ,canyong)」と。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index