つくばねそう (衝羽根草)

学名  Paris tetraphylla
日本名  ツクバネソウ
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  
漢名  四葉王孫(シヨウオウソン,siyewangsun)
科名(漢名)  百合(ヒャクゴウ,baihe)科
  漢語別名  王孫、牡蒙
英名  

2009/05/10 薬用植物園

 ツクバネソウ属 Paris(重樓屬)には、ユーラシアに約20種、日本に3種がある。
  
(ダイスウァ属 Daiswa(重樓屬)・キヌガサソウ属 Kinugasa などを独立させることがある。そうすれば、Paris はユーラシアに3-5種)

   P. bashanensis(巴山重樓)
   P. bockiana(鐵燈臺) 
湖北産
   P. chinensis(金綫重樓)
   P. delavayi(滇王孫)
   P. fargesii(球葯隔重樓)
     var. petiolata(長柄重樓)
   キヌガサソウ P. japonica(Kinugasa japonica)
 Kinugasa とすれば1属1種
   P. petiolata(重樓)
     var. membranacea(金綫重樓)
   ドクケシツクバネソウ P. polyphylla(Daiswa polyphylla;七葉一枝花・蚤休)
        虫蛇の毒を休むと(本草綱目)。『雲南の植物』30
     var. appendiculata(短梗重樓)
     var. chinensis(華重樓)
     var. platypetala(闊瓣重樓・寛瓣重樓)
     var. oubescens(毛脈蚤休)
     var. stenophylla(狹葉重樓・狹葉蚤休)
     var. yunnanensis(雲南重樓)
   P. pubescens(毛重樓)
   P. quadrifolia(輪葉王孫・四葉重樓)
   ツクバネソウ P. tetraphylla(四葉王孫・王孫)
     アイダツクバネソウ f. corollata
     ヨコグラツクバネソウ f. sessiliflora
     ウナズキツクバネソウ var. penduliflora
     ホソバツクバネソウ var. angustifolia
   P. thibetica(Daiswa thibetica;長葯隔重樓)
     var. apetala(無瓣重樓)
   クルマバツクバネソウ P. verticillata(P.hexaphylla, P.obovata;
       北重樓・上天梯・和葉王孫)
   P. violacea(花葉重樓) 
 ユリ科 Liliaceae(百合科)については、ユリ科を見よ。
 和名は、赤い外花被片の上に乗る黒い液果の形を、羽根突きの翅になぞらえて。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)王孫の釈名に、「譜に曰く、〈楚は王孫と名づく。斉は長孫と名づく、又た海孫と名づく。呉は白功草と名づく、又た蔓延と名づく〉と」と。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)王孫に、「和名和名奴波利久佐、一名乃波利」と。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)王孫に「和名都知波利」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』8(1806)王孫に、「ツクバネサウ同名アリ」と。
 
(ツチハリの正体については、下の誌を見よ。) 
 属名は、ギリシア神話に出るトロイの王子パリスから。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・中国(江蘇・浙江・安徽・江西・四川)に分布。
 中国では、根茎を王孫と呼び、薬用にする。
 『万葉集』巻7/1338に、

   吾が屋前
(にわ,やど)に生ふる土針(つちはり)心ゆも想はぬ人の衣(きぬ)にす(摺)らゆな

とある土針は、古くはツクバネソウと考えられてきたが、牧野は正体不明といい、松田はメハジキであるという。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index