ふたりしずか (二人静) 

学名  Chloranthus serratus
日本名  フタリシズカ
科名(日本名)  センリョウ科
  日本語別名  サオトメバナ、ツギネグサ
漢名  及己(キュウキ,jiji)
科名(漢名)  金粟蘭(キンゾクラン,jinsulan)科
  漢語別名  四葉對(シヨウタイ,siyedui)・對葉四塊瓦・四皮風・四角金、獐耳細辛、
英名  
2006/05/20野川公園自然観察園
2006/06/22 薬用植物園

 チャラン属 Chloranthus(金粟蘭屬)については、チャラン属を見よ。
 和名は、静御前が二人の幽霊となってあい舞ったといわれる、そのようすに擬えて。『吾妻鏡』静の舞を参照。 
 漢名及己の名義は未詳。獐耳細辛は、葉の形が獐の耳に似て、根は細辛に似ることから(李時珍『本草綱目』)
 漢名について。深江輔仁『本草和名』(ca.918)源順『倭名類聚抄』(ca.934)・小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)などに、「及已 音、以」とあり、日本では江戸時代まで二字目を已とし、jiyi,キュウイと読んだことが分る。
 (防己を防已としたことと並行する。)
 『本草和名』に、「和名都岐祢久佐、一名於宇」と。『倭名類聚抄』に、「和名豆木禰久佐」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・中国(長江流域以南)に分布。
 中国では、根・全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index