つづらふじ (蔓藤) 

学名  Sinomenium acutum (Menispermum acutum, Cocculus acutum, Sinomenium diversifolium)
日本名  ツヅラフジ
科名(日本名)  ツヅラフジ科
  日本語別名  オオツヅラフジ、ツタノハカズラ、アオカヅラ・アオツヅラ、ツヅラカヅラ、ツルフジバカマ、トヅラ
漢名  防己(ボウキ,fangji)
科名(漢名)  防己科
  漢語別名  靑藤(セイトウ,qingteng)・靑風藤(セイトウ,qingfengteng)・淸風藤、大葉靑蠅兒(タイヨウセイヨウジ,dayeqingying'er)、土藤(ドトウ,tuteng)、大楓藤
英名  Chinese moonseed

2007/04/06 薬用植物園 2007/04/19 同左 2007/05/03 同左
2007/05/26 同上 2007/06/20 同左
2007/07/21 同上
2008/07/21 薬用植物園
2006/08/12 薬用植物園
2007/10/08 同上
2006/12/14 同上
2007/12/25 同上
 ツヅラフジ科 Menispermaceae(防己科)の植物には、約75属500種がある。
  Albertisia(崖藤屬)
     A. laurifolia(崖藤)
  Anamirta
1属1種
     A. cocculus
インド乃至ニューギニア産
  Arcangelisia(古山龍屬)
     A. loureiri(古山龍・黄藤・黄連藤)
  Cissampelos(錫生藤屬)
 世界の熱帯に19種、多くは薬用
     C. pareira(雅紅隆)
       var. hirsuta(錫生藤・亞乎奴)
 『中国本草図録』Ⅷ/3580
  アオツヅラフジ属 Cocculus(木防己屬)
  Cyclea(輪環藤屬)
     C. barbata(毛葉輪環藤)
     C. hypoglauca(粉背輪環藤・金綫風)
 『中国本草図録』Ⅳ/1636
     C. peltata(盾形輪環藤)
     C. polypetala(輪環藤・百解藤・鬚龍藤)
     C. racemosa(輪環藤・良藤)
 『中国本草図録』Ⅵ/2606
       var. omeiensis(峨眉輪環藤) 『中国本草図録』Ⅹ/4592
  Diploclisia(秤鈎風屬)
     D. chinensis(秤鈎風)
     D. glaucescens(蒼白秤鈎風・秤鈎風)
 『中国本草図録』Ⅳ/1637
  Fibraurea(天仙藤屬)
     F. ricisa(藤黄連) 
『中国本草図録』Ⅱ/0565
     F. tinctoria(藤黄連・黄藤)
  Hypserpa(夜花藤屬)
     H. nitida(夜花藤)
  コウモリカズラ属 Menispermum(蝙蝠葛屬)
  Pachygone(粉綠藤屬)
  Parabeana(連蕊藤屬)
     P. sagitata(連蕊藤・滑板菜) 『中国本草図録』Ⅷ/3581
  ミヤコジマツヅラフジ属 Paracyclea(肖輪環藤屬)
     ミヤコジマツヅラフジ P. insularis(Cissampelos insularis;土防己)
日本(本州近畿以西・四国・九州・琉球)・臺灣に分布
     フサザキツヅラフジ P. ociaiana(Cissampelos ochiaiana;臺灣蝙蝠藤)
 臺灣産
  Pericampylus(細圓藤屬)
     ホウライツヅラフジ P. glaucus(P.formosana,Menispermum glaucus;臺灣靑藤・細圓藤・小廣藤・土藤・黑風散・蓬萊藤・猪菜藤)
 『中国本草図録』Ⅴ/2100
     ミスジツヅラフジ P. trinervatus(三脈靑藤)
 臺灣産
  Pycnarrhena(密花藤屬)
  ツヅラフジ属 Sinomenium(防己屬)
 1属1種
  ハスノハカズラ属 Stephania(千金藤屬)
  Tinomiscium(大葉藤屬)
     T. tonkiense(大葉藤・奶汁藤・假黄藤)
  Tinospora(靑牛膽屬)
     T. capillipes(金果欖・山慈姑・金牛膽・金苦欖・地膽)
『中薬志Ⅰ』pp.287-290
     T. sagittata(靑牛膽・山慈姑・靑魚膽・金古欖)
『中国本草図録』Ⅱ/0567
     T. sinensis(中華靑牛膽・伸筋藤) 『中国本草図録』Ⅷ/3582 
 ツヅラフジ属 Sinomenium(防己屬)は、1属1種。
   ツヅラフジ
(オオツヅラフジ) S. acutum(防己・靑藤・靑風藤・大葉靑蠅兒・土藤)
     var. cinereum(毛靑藤) 
 和名は、この蔓からつづら(葛・葛籠)を作ったことから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14下(1806)防己の条に、「一種オホツゞラフヂト呼アリ、一名ツカノハカヅラ フソナ加州 メクラブドウ津軽」と。
 漢名は防己(ボウキ,fangji)だが、日本では これを防已(ボウイ,fangyi)とするので、紛らわしい。
   
〔己(キ・コ,ji)・已(イ,yi)・巳(シ,si)の三字は、形は似ているが 別字。
     それぞれの字形を確かめたい方は、このページの最下欄をご覧下さい。〕

 日本薬局方の解説書には、「中国及び日本の古典には防己、防已、防巳の文字を用いているものがあり、いずれが正しいか問題がある。しかし、日本の江戸時代の本草家は字義により防已
(ぼうい)とする」とある。
 しかし、古版本・写本は別として、中国の最近の文献や 漢和・中日などの辞典類は、みな防己(ボウキ)とするので、ここではそれに従う。
 日本(関東以西)・中国(河南・陝西・安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩湖・兩廣・四川・貴州)・臺灣に分布。
 埼玉県では絶滅危惧ⅠA類(CR)。
 茎・根を薬用にする。又、蔓を細工ものに用いる。
 中国では、茎を靑風藤と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.508-511 また地方により、根を防己として薬用にする。
 日本では、ツヅラフジを防已
(ぼうい)と呼び、薬用にする(日本薬局方)
 中国の防己は、古来 漢防己木防己に大別する。その別は、

 『全国中草薬匯編』によれば、
   漢防己は、シマハスノハカズラ Stephania tetrandra(粉防己)の根である。
    
(Aristolochia heterophylla(漢中防己)ではない。)
   木防己は、アオツヅラフジ Cocculus trilobus(木防己)の根である。
    
(商品としては、Aristolochia gangchi(廣防己)と漢中防己も 木防己に含む。)

 『中薬志Ⅰ』pp.246-255によれば、市場に流通しているものは次の三である
(上二が主)
   粉防己
(漢防己) シマハスノハカズラ Stephania tetrandra(山烏龜・石蟾蜍)
   廣防己
(木防己・水防己) Aristolochia westlandii(百解馬兜鈴・藤防己・防己)
   漢中防己 Aristolochia heterophylla(異葉馬兜鈴・異形馬兜鈴・靑木香)

    
(以上に出る Aristolochia は、ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属の植物)。 
 『万葉集』に、

   駿河のうみ
(海)おしへ(磯辺)にお(生)ふるはま(浜)つづら
     いまし
(汝)をたのみはは(母)にたが(違)ひぬ (14/3359,読人知らず)
   かみつけの
(上毛野)安蘇やま(山)つづら野をひろ(広)
     は
(延)ひにしものをあぜ(何)かた(絶)えせむ (14/3434,読人知らず)

とあるつづらは、一説にツヅラフジとする。はまつづらとあるのは、海辺に生えるハスノハカズラかとも云う。

  山がつの かきほにはへる あをつゞら 人はくれども 事づてもなし
 (源寵、『古今和歌集』)
 
己・已・巳の三字の、字形を拡大しました。
 (キ・コ, ji, おのれ・つちのと)
 (イ, yi, やむ・すでに)
 (シ, si, み)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index