はすのはかずら (蓮葉蔓) 

学名  Stephania japonica (Menispermum japonicum, Cocculus japonicus, S.hernandifolia)
日本名  ハスノハカズラ
科名(日本名)  ツヅラフジ科
  日本語別名  イヌツヅラ、ヤキモチカズラ
漢名  千金藤(センキントウ,qianjinteng)
科名(漢名)  防己(ボウキ,fanfji)科
  漢語別名  靑藤(セイトウ,qingteng)、天膏藥(テンコウヤク,tiangaoyao)、金綫吊烏龜(キンセンチョウウキ,jinxiandiaowugui)
英名  
2007/06/20 薬用植物園
2007/08/07 同上
2006/11/04 同上
 ハスノハカズラ属 Stephania(千金藤屬)には、次のようなものがある。
   S. brachyendra(短蕊千金藤)
   タマサキツヅラフジ S. cepharantha(臺灣千金藤・金綫吊烏龜・山烏龜) 『中国本草図録』Ⅹ/4593
   S. delavayi(地不容・山烏龜・地烏龜・一文銭) 『中国本草図録』Ⅸ/4128
   S. dielsiana(血散薯) 『中国本草図録』Ⅹ/4594
   S. elegans(小山豆根・山豆根)
   S. epigaea(地不溶)
 『中国本草図録』Ⅳ/1639
   S. forsteri(光千金藤) 『中国本草図録』Ⅹ/4595
   S. graciliflora(纎花千金藤)
   S. hainanensis(海南千金藤) 
『中国本草図録』Ⅱ/0566
   S. hernandifolia(桐葉千金藤) 『中国本草図録』Ⅶ/3115
   S. herbacea(銅鑼七・烏龜七)
   ハスノハカズラ S. japonica(千金藤・靑藤・天膏藥・金綫吊烏龜)
     ケハスノハカズラ var. hispidus(剛毛千金藤)
 臺灣産
   S. kwangsiensis(廣西地不容・山烏龜) 『中国本草図録』Ⅹ/4596
   S. longa(糞箕篤) 『中国本草図録』Ⅸ/4129
   S. rotunda(圓葉千金藤)
   コウトウツヅラフジ S. sasakii(蘭嶼千金藤)
 臺灣産
   S. sinica(汝藍) 
『中国本草図録』Ⅵ/2607
   シマハスノハカズラ
(カンボウイ) S. tetrandra(四蕊千金藤・粉防己・石蟾蜍・蟾蜍薯・吊葫蘆・山烏龜・倒地拱・大回魂) 中国(浙江・江西・廣東・雲南)・臺灣に分布、『中薬志Ⅰ』pp.246-255
     var. glabra → S. cepharantha
   S. viridiflavens(黄葉地不容) 『中国本草図録』Ⅹ/4597 
 ツヅラフジ科 Menispermaceae(防己科)の植物については、ツヅラフジ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14下(1806)防己の条に、「ハスノハカヅラト呼モノアリ、一名イヌツゞラ熊野 ベウヅル ヤキモチカヅラ豫州 ガタマタ藝州。又別ニ同名アリ」と。
 日本(本州西部・四国・九州)・中国(長江流域以南)・琉球・臺灣・マレーシア・インドに分布。
 海岸や海に近いところに自生する。
 中国では、茎・根を千金藤と呼んで薬用にする。またその根は、浙江・福建では 粉防己として用いる。
  
(本来の粉防己は、シマハスノハカズラ Stephania tetrandra の根。)
 『万葉集』に、

   駿河のうみ(海)おしへ(磯辺)にお(生)ふるはま(浜)つづら
     いまし(汝)をたのみはは(母)にたが(違)ひぬ (14/3359,読人知らず)

とあるはまつづらは、このハスノハカズラかとも云う。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index