たいつりおうぎ (鯛釣黄耆) 

学名  Astragalus membranaceus (A.membranaceus var.obtusus, A.shinanensis, A.yezoensis)
日本名  タイツリオウギ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  ヤワラクサ、キバナオウギ
漢名  黄耆・黄芪(コウキ,huangqi,おうぎ)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  膜莢黄耆(バクキョウコウキ,mojiahuangqi)、東北黄耆、東山黄耆(トウザンコウキ,dongshanhuangqi)
英名  

2008/04/05 明治薬科大学薬草園(キバナオウギ) 2008/07/21 薬用植物園(キバナオウギ)
2008/08/19 薬用植物園(キバナオウギ)

2010/08/24 富山県薬用植物試験場 (キバナオウギ)


 Astragalus membranaceus の基本種をキバナオウギとし、日本産のタイツリオウギを var. obtusus とすることがある。

 中国では、次の2変種を区別する。
  キバナオウギ A. membranaceus(膜莢黄耆・黄耆)
    モウコモメンヅル var. mongholicus(A. mongholicus;蒙古黄耆) 
 ゲンゲ属 Astragalus(黄耆・黄芪屬)については、ゲンゲを見よ。
 和名にタイツリとは、実の形から。
 漢名は、古来黄耆(コウキ,huangqi,おうぎ)と書かれてきたものだが、今日の大陸では黄芪の字を用いる。ただし、芪・耆は同字。
 また芪は正字であり 簡体字ではないが、この植物の名ぐらいでしか用いない。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)黄耆の釈名に、「耆(キ,qi2)は長なり。黄耆は、色黄にして補薬の長たり、故に名づく。今俗に通じて黄芪に作る。或は蓍(シ,shi1)に作る者は非なり。蓍は乃ち蓍亀の蓍、音は尸(シ,shi1)なり」と。
 (『中国高等植物図鑑』が黄蓍
(コウシ,huangshi)と記すのは、単なる誤植であろう。) 
 同書同項に、「黄芪 綱目。戴糝 本経。戴椹別録又名独椹。芰草 別録又名蜀脂。百本 別録。王孫 薬性論」と。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)黄耆に、「和名也波良久佐、一名加波良久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)黄耆に、「和名夜波良久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』8(1806)黄耆に、「ワウギ通名」と。
 日本(北海道・岩手及び中部地方高山)・朝鮮・中国(東北)・蒙古・東シベリアに分布。
 中国では、タイツリオウギ A.membranaceus(膜莢黄耆・黄耆・黄芪・卜奎耆・口耆)・モウコオウギ A.mongholicus(蒙古黄耆・内蒙古黄耆・紅藍黄耆・白皮耆)の根を、黄耆・黄芪・綿黄耆・綿耆と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.451-456
 また、地方により、A.tongolensis (黑毛果黄耆・白耆)・A.chrysopterus (金翼黄耆)・A.floridus (多花黄耆)・A.maowenensis (茂汶黄耆)・A.yunnanensis (雲南黄耆)・A.ernestii (梭果黄耆)などの根を、同様に用いる。
 中国に産する A.membranaceus 及び A.mongholicus の根を、日本薬局方でオウギと呼ぶ。
 日本では、イワオウギ属のイワオウギ(岩黄耆、タテヤマオウギ) Hedysarum vicioides(H.iwawogi;擬蠶豆,ギサントウ,nicandou)を、和黄耆(わおうぎ)の名で同様に薬用にした。また、日本で唐黄耆(からおうぎ)と呼んだものは、Hedysarum polybotrys(多序岩黄耆)、中国では紅耆・束耆の名で 同様に薬用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「わうき 中。葉も花も、藤のちさきもの也。薬種のわうき」と。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index