そくず

学名  Sambucus chinensis
日本名  ソクズ
科名(日本名)  スイカズラ科
  日本語別名  クサニワトコ、クサタズ
漢名  蒴藋(サクダク,shuozhuo)
科名(漢名)  忍冬(ニンドウ,rendong)科
  漢語別名  接骨草(セッコツソウ,jiegucao)、陸英(リクエイ,luying)、走馬風(ソウバフウ,zoumafeng)、趕山虎(カンサンコ,ganshanhu)
英名  
2007/07/21 薬用植物園
2007/08/13 同上

 ニワトコ属 Sambucus(接骨木屬)については、ニワトコを見よ。
 漢名は古くは陸英と言い、おくれて蒴藋と呼んだ。
 陸英とは、水英
(セリ)・木英(ニワトコ)に並べた称謂、みな花葉が似ていて、合せて三英という、と。(以上、本草綱目)
 蒴藋の語義は不明。
 和名は、漢名蒴藋の音の転訛。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)陸英及び蒴藋に、「和名曽久止久」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)蒴藋に、「此間音曽久止久」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)蒴藋に、「ツチヒトガタ
延喜式 ソクドク和名鈔 クサタヅ京師 ソクヅ同上 ニハタヅ備前 そくどう大和 ソクド同上 ヲランダサウ九州」と。なお、タヅノキ・木タヅとはニワトコ 
 日本(本州・四国・九州)・中国(華中・華東・華南・西南)・臺灣・タイに分布。
 日本のものは、中国から薬用に導入したものが野生化したとも考えられている。
 根・莖・葉を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index