あかざ 

学名  Chenopodium album var. centrorubrum (C. centrorubrum)
日本名  アカザ 
科名(日本名)  アカザ科
  日本語別名  
漢名  藜(レイ,li)
科名(漢名)  藜科
  漢語別名  灰藋(カイチョウ,huidiao)、紅心灰藋、臙脂菜、鶴頂草
英名  Goosefoot
2007/04/08 薬用植物園

2005/07/03  薬用植物園

2005/07/16  薬用植物園 2005/09/03 同左

2006/10/28 薬用植物園


 アカザ科 Chenopodiaceae(藜科)には、約100属1500種がある。
   Acroglochin(千針莧屬)
     A. persicarioides(千針莧)
   Agriophyllum(沙蓬屬)
     A. arenarianum(沙蓬)
   アリタソウ属 Ambrina → アカザ属 Chenopodium
   Anabasis(假木賊屬) 
約42種
     A. aphyllis(無葉假木賊)
     A. brevefolia(短葉假木賊)
     A. cretacea(白堊假木賊)
     A. elatior(高枝假木賊)
     A. eriopoda(毛足假木賊)
     A. pelliotii(粗糙假木賊)
     A. salsa(鹽生假木賊)
     A. truncata(展枝假木賊)
   Arthrophytum(節節木屬)
   ハマアカザ属 Atriplex(濱藜屬) 
約100-300種
   Axyris(軸藜屬)
     A. amaranthoides(軸藜)
   Baolia(苞藜屬)
   Bassia
約20種。近年の説ではホウキギ属 Kochia を統合
   フダンソウ属 Beta(甜菜屬) 
地中海地方・ヨーロッパに6種
     B. vulgaris
       フダンソウ(リーフビート・トウチシャ) (var.cicla;
          甜菜・■
{艸冠に忝}菜・根■菜・茭蓮菜・茄茉菜・紅菜頭;
          E.
Swiss chard, Chard, Spinach beets, Sea kale beets)
          
 ヨーロッパ南部原産。本草綱目啓蒙23
       テーブルビート var.rubra(E.Table beet, Beet root)
       サトウダイコン
(サトウヂシャ・テンサイ・ビート) var.rapa(甜菜;E.Sugar beet)
       飼料用ビート var. alba
       var.orientalis
インドのパランガサグ palanga sag 又はパランキ
     B. maritima(E.Sea beet)
   Borszczowia(漿果蓬屬)
   Camphorosma(樟味藜屬)
     C. lessingii(樟味藜)
     C. monspeliaca
北アフリカ産、薬用
   Ceratocarpus(角果藜屬)
     C. arenarius(角果藜)
   アカザ属 Chenopodium (藜屬)
   Climacoptera(梯翅蓬屬)
     C. brachiata(散枝梯翅蓬)
     C. lanata(梯翅蓬)
   Corispermum(蟲實屬)
     C. candelabrum(燭臺蟲實)
     C. declinatum(繩蟲實)
     C. lehmannianum(倒披針葉蟲實)
     C. stenolepsis(細苞蟲實)
   Cornulaca(單刺花屬)
     C. alashanica(阿拉善單刺花)
   Echinopsilon(刺果藜屬)
     E. divaricatum(星状刺果藜)
     E. hyssopifolium(鈎状刺果藜)
   Eurotia(優若藜屬)
     E. arborescens(駝絨蒿)
     E. ceratoides((優若藜)
   Girgensohnia(對葉鹽蓬屬)
     G. oppositiflora(對葉鹽蓬)
   Halimocnemis(節節鹽木屬)
     H. villosa(柔毛節節鹽木)
   Halocnemum(鹽節木屬)
   Halogeton(鹽生草屬)
     H. arachnoideus(白莖鹽生草)
   Halopeplis(鹽千屈菜屬)
   Halostachys(鹽穗木屬)
   Haloxylon(瑣瑣屬)
     H. ammodendron(■
{木偏に夋}■・■■柴)
   Horaninovia(對節刺屬)
   Iljinia(鹽生木屬)
   Kalidium(鹽爪爪屬)
     K. caspicum(裏海鹽爪爪)
     K. foliatum(鹽爪爪)
     K. gracile(細枝鹽爪爪)
     K. schrenkianum(圓葉鹽爪爪)
   Kirilowia(棉藜屬)
     K. eriantha(棉藜)
   ホウキギ属 Kochia(地膚屬) 
近年の説ではバッシア属 Bassia に統合
   Londesia(毛被藜屬)
   Microgynoecium(小果濱藜屬)
     M. tibeticum(小果濱藜)
   Nanophyton(小蓬屬)
     N. erinaceum(小蓬)
   Panderia(齒兜藜屬)
   Petrosimonia(叉毛蒿屬)
     P. glaucescens(灰綠叉毛蒿)
     P. sibirica(叉毛蒿)
     P. squarrosa(粗糙叉毛蒿)
   アッケシソウ属 Salicornia(鹽角草屬) 
約13種
     S. bigelovii
油糧作物
     アッケシソウ S. europaea(鹽角草・海蓬子)
   オカヒジキ属 Salsola(猪毛菜屬)
 116種
   ホウレンソウ属 Spinacia(菠菜屬)
   マツナ属 Suaeda(碱蓬屬) 約100種
     S. acuminata(刺毛碱蓬)
     S. altissima(高碱蓬)
     S. arcuta(五蕊碱蓬)
     S. qustralis(南方碱蓬)
     S. corniculata(角果碱蓬)
     S. crassifolia(鐮葉碱蓬)
     S. dedroides(木碱蓬)
     マツナ S. glauca(碱蓬・灰綠碱蓬)
     S. heteroptera(翅碱蒿・黄鬚菜)
     S. heterophylla(盤果碱蓬)
     シチメンソウ S. japonica
     S. kossinkyi(肥葉碱蓬)
     S. linifolia(亞麻葉碱蓬)
     ヒロハマツナ S. malacosperma
     ハママツナ S. maritima
     S. microphylla(小葉碱蓬)
     S. paradoxa(奇異碱蓬)
     S. physophora(嚢果碱蓬)
     S. prostrata(平臥碱蓬)
     S. przewalskyii(阿拉善碱蓬)
     S. pterantha(縱翅碱蓬)
     S. rigida(硬枝碱蓬)
     S. salsa(鹽地碱蓬)
     S. stellatiflora(星果碱蓬)
   Sympegma(合頭草屬)
     S. regelii(黑柴) 
 アカザ属 Chenpopdium(藜屬)には、70-150種がある。
   マルバアカザ C. acumitanum (尖頭葉藜) 『中国雑草原色図鑑』37
   シロザ C. album (・白藜・灰菜・灰條菜) 『中国雑草原色図鑑』38
     アカザ var. centrorubrum(C.centrorubrum;藜・紅心灰藋・臙脂菜・鶴頂草)
   アリタソウ C. ambrosioides (Ambrina ambrosioides;土荊芥) 『中国雑草原色図鑑』38
   アメリカアリタソウ C. anthelminticum(Ambrina anthelmintica;洋香藜) 
メキシコ原産
   ハリセンボン C. aristatum (刺藜) 『中国雑草原色図鑑』39
   C. botrys(香藜)
   ミドリアカザ C. bryoniaefolium(菱葉藜)
   C. candelabrum(燭臺蟲實) 『中国雑草原色図鑑』41
   C. capitatum
北アメリカ西・西北部産。嫩葉・種子を食用にし、種子を食用紅にする。
   C. chenopodioides(合被藜)
   コアカザ C. ficifolium(C.serotinum auct.non L.;小藜・灰莧菜)
       
 『中国本草図録』Ⅳ/1607・『中国雑草原色図鑑』41
   C. foetidum (菊葉香藜) 『中国雑草原色図鑑』39
   C. foliosum(球果藜)
   C. giganteum(杖藜)
   ウラジロアカザ C. glaucum (灰綠藜) 『中国雑草原色図鑑』40
   C. gracilispicum(細穗藜)
   ウスバアカザ C. hybridum (雜配藜・大葉藜・血見愁)
       
 『中国本草図録』Ⅵ/2567・『中国雑草原色図鑑』40
   C. iljinii(小白藜)
   ヒメハマアカザ C. leptophyllum
   ミナトアカザ C. murale
   ヒロハアカザ C. opulifolium
   ヒロハヒメハマアカザ C. pratericola
   C. prostratum(平臥藜)
   ゴウシュウアリタソウ C. pumilio
   キノア C. quinoa
アンデス高地では主要な穀物
   C. rubrum(紅葉藜)
   C. serotinum(小藜)
   ホソバアカザ C. stenophyllum
   C. strictum(圓頭藜)
   C. urbicum (市藜)
     var. sinicum(東亞市藜)
   カワラアカザ C. virgatum 
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)藜に、「和名阿加佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)藜に、「アカザ
和名鈔 アカ梅花無尽藏 オホアカザ新校正 江戸アカザ南部」と。
 アイヌ名はチカパマム(鳥のアワ)。
 日本には、古く中国から入ったと云い、畑の雑草。
 全草を薬用とするほか、嫩葉は蔬菜として食用にする。
 茎が堅いので、太いものは乾燥させて杖(藜杖)として用いる。
 「茹(ゆびきもの)とし、あへ物ひたし物によし。・・・肥土に生ひたるは大きにして、又軽きゆへ、老人の杖によきものなり。是下品の菜なるが、詩にも文にも作れり」(宮崎安貞『農業全書』1697)。

   やどりせむあかざの杖になる日まで 
(芭蕉,1644-1694)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index