みずあおい (水葵) 

学名  Monochoria korsakowii
日本名  ミズアオイ
科名(日本名)  ミズアオイ科
  日本語別名  ナギ(奈宜・奈伎)、ミズナギ
漢名  雨久花(ウキュウカ,yujiuhua)
科名(漢名)  雨久花科
  漢語別名  水白菜
英名  Monochoria
2007/07/19 森林公園

 ミズアオイ科 Pontederiaceae(雨久花科)には、次のような属がある。
   ホテイアオイ属 Eichhornia(鳳眼蓮屬)
   アメリカコナギ属 Heteranthera 
世界に10種
     アメリカコナギ H. limosa
南北アメリカ原産、岡山・福岡に帰化
   ミズアオイ属 Monochoria(雨久花屬)
   Ponrederia 
南北アメリカに5種
     P. cordata
北アメリカ原産、園芸品として栽培 
 ミズアオイ属 Monochoria(雨久花屬)には、世界に8種がある。
   M. hastata (箭葉雨久花・山芋)
『中国本草図録』Ⅴ/2403
   ミズアオイ
(ナギ) M. korsakowii(雨久花)『中国本草図録』Ⅴ/2404・『中国雑草原色図鑑』349
   M. vaginalis(鴨舌草・水錦葵・水玉簪・肥菜・合菜)
『中国本草図録』Ⅹ/4927・『中国雑草原色図鑑』349
     コナギ var. plantaginea(窄葉鴨舌草)
     var. pauciflora (M.pauciflora;少花鴨舌草) 
 ミズアオイ科 PONTEDERIACEAE(雨久花科)については、ホテイアオイを見よ。
 和名ミズアオイは、葉がカンアオイの仲間に似ていることから。
 別名ナギ・ミズナギは、一説に 葉がナギに似ていることから、一説に 葉を食用にしたので菜葱から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918){艸冠に斛}菜、一名水葱に、「和名奈岐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』15(1806)蔛草の条に、「ミヅアフヒト云、一名ナギ トハギゝヤウ タイモガラ
豊前 カハイモジ紀州」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・河北・山西・陝西・河南・山東・安徽・江蘇)・ウスリーに分布。
 全国では絶滅危惧Ⅱ類(VU)、東京では絶滅、埼玉では絶滅危惧ⅠB類(EN)。
 中国では、地上部の全草を薬用にする。
 日本では、むかしこの葉を食用とするために栽培し、青紫色の花びらで花摺り染めにした。
 『万葉集』に、

   春霞 春日の里の 殖子水葱
(うゑこなぎ) 苗なりといひし え(枝)は指しにけむ
      
(3/407,大伴駿河麿、坂上二嬢を娉ふ歌)
   かみつけぬ
(上毛野) 伊香保のぬま(沼)に う(植)ゑこなぎ
      かくこ
(恋)ひむとや たね(種)もと(求)めけむ (14/3415,読人知らず)
   なはしろ
(苗代)の こなぎ(子水葱)がはな(花)を きぬ(衣)にす(摺)
      な
(馴)るるまにまに あぜ(何)かかな(愛)しけ (14/3576,読人知らず)
   醤酢(ひしおす)に 蒜(ひる)つき合(か)てて 鯛願う
       吾にな見せそ 水葱の煮物(あつもの)
        (16/3829,長忌寸意吉麻呂,「酢・醤・蒜・鯛・水葱を詠む歌」。
            またこれは、酢の物(二杯酢)料理の初見)

とある。なぎ(ミズアオイ)とこなぎ(コナギ)を歌い分けているようだが、当時厳密に区別されていたかどうかは疑問という(松田修)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index