きんぽうげ (金鳳花) 

学名  Ranunculus japonicus (R. acris var. japonicus)
日本名  キンポウゲ
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  ウマノアシガタ(馬足形)・コマノアシガタ、トリノアシガタ、オコリエトシ、オニゼリ、テマリグサ
漢名  毛茛(モウコン,maogen)
科名(漢名)  毛茛科
  漢語別名  毛斳、老虎脚迹(ロウコキャクセキ,laohujiaoji)・老虎脚爪草、毛脚鷄(モウキャクケイ,maojiaoji)・鴨脚板、五虎草(ゴコソウ,wuhucao)、魚疔草、野芹菜・毛芹菜、山辣椒、起泡草
英名  Crow foot, Crow flower, (Japanese) Buttercup
2007/04/12 明治薬科大学薬草園

2006/05/06  薬用植物園

2007/04/29 野川公園自然観察園
 

2009/04/30 薬用植物園


 花が一重のものをウマノアシガタ、八重のものをキンポウゲとして区別することがある。
 キンポウゲ属 Ranunculus(毛茛屬)には、世界に約400種がある。
   ヒメタガラシ R. abortivus
   ミヤマキンポウゲ
(広義) R. acris
     セイヨウキンポウゲ
(アクリスキンポウゲ) var. acris
     ミヤマキンポウゲ
(狭義) var. nipponicus(ssp.novus, R.novus)
       コミヤマキンポウゲ f. yuparensis(R.yuparensis)
     コリンキンポウゲ var. monticola
   モウコキンポウゲ R. affinis
   R. albertii (寛瓣毛茛)
   R. alpestris
西方原産
   アルタイキンポウゲ
(タカネキンポウゲ,広義) R. altaicus (阿爾泰毛茛) アルタイ山脈産
     タカネキンポウゲ ssp. shinanoalpinus(R.shinanoalpinus) 
日本の白馬岳特産
   R. amurensis (披針毛茛)
   イトキツネノボタン
(トゲミオトコゼリ) R. arvensis
   オオバイカモ R. ashibetsuensis
   ハナキンポウゲ R. asiaticus (花毛茛・波斯毛茛)
 中近東原産、園芸品の原種の一
   R. brotherusii
ヒマラヤ・カラコルム産
     var. tanguticus(高原毛茛)『中国本草図録』Ⅷ/3571
   タマキンポウゲ
(セイヨウキンポウゲ・カブラキンポウゲ) R. bulbosus
   ケキツネノボタン R. cantoniensis (禺毛茛) 『中国本草図録』Ⅹ/4586
   コキツネノボタン R. chinensis (茴茴蒜)
        
 『中国本草図録』Ⅵ/2595・『中国雑草原色図鑑』68
   キクザキリュウキンカ(ヒメリュウキンカ) R. ficaria
   R. ficariifolius (西南毛茛)
   タカネキンポウゲ R. formosamontanus
   エゾキンポウゲ R. franchetii
   R. glacialis
西方原産
   カラクサキンポウゲ R. gmelinii
   R. grandifolius (大葉毛茛)
   オオウマノアシガタ R. grandis(R.subcorymbosus var.grandis)
     シコタンキンポウゲ var. austrokurilense(R.subcorymbosus var.austrokurilense,
         S.transochotensis)
     グンナイキンポウゲ var. mirissimus(R.subcorymbosus var.mirissimus)
     オゼキンポウゲ var. ozensis(R.subcorymbosus var.ozensis)
   R. haastii
ニュージーランド原産
   ツルキツネノボタン
(ツルキンポウゲ) R. hakkodensis
   ウマノアシガタ R. japonicus (毛茛・毛斳・老虎脚迹・毛脚鷄・五虎草)
         『中国雑草原色図鑑』70・『中国本草図録』Ⅰ/0062
     キンポウゲ f. pleniflorus
     アカギキンポウゲ var. akagiensis
     イブキキンポウゲ var. ibukiensis
     ノハラキンポウゲ var. pratensis
     コキンポウゲ var. rostratus
   チャボキンポウゲ R. junipericola
   ヒメバイカモ R. kazusensis(Batrachium kazusense,
         R.trichophyllus var.kazusensis)
   キタダケキンポウゲ R. kitadakeanus
   R. lingua (長葉毛茛)
   R. longicaulis
     var. nephelogenes(雲生毛茛)
 『雲南の植物Ⅰ』75
   R. meilixueshanicus
1991年に雲南の梅里雪山で発見
   R. monophyllus (單葉毛茛)
   トゲミノキツネノボタン
(トゲミキンポウゲ) R. muricatus(刺果毛茛)
        
 『中国本草図録』Ⅲ/1129
   ヒナキンポウゲ R. nankotaizanus
   R. natans (浮毛茛)
   R. nephelogenes (雲生毛茛)
   R. nipponicus(Batrachium nipponicum)
     イチョウバイカモ var. nipponicus(Batrachium nipponicum)
     ミシマバイカモ var. japonicus
     オオイチョウバイカモ var. major
     エチゴバイカモ var. ohtagawaensis
     ヒルゼンバイカモ var. okayamensis
     バイカモ
(ウメバチモ) var. submersus(var.majus, R.pantothrix var.submersus)
   チシマヒキノカサ R. nivalis
   カラフトキンポウゲ R. pallasii
   R. parnassifolius
ピレネー・アルプス原産
   R. polii (肉根毛茛)
   オトメキンポウゲ R. pulchellus
   クモマキンポウゲ R. pygmaeus
   R. pyrenaeus
西方原産
   ハイキンポウゲ R. repens(var.major;匍枝毛茛) 『中国本草図録』Ⅸ/4122
   イトキンポウゲ R. reptans (var.flagelliformis;松葉毛茛) 『中国雑草原色図鑑』68
   R. rubrocalyx (紅萼毛茛)
   イボミキンポウゲ R. sardous
   タガラシ R. sceleratus (石龍芮・無毛野芹菜・鴨巴掌・水菫)
         『中国本草図録』Ⅵ/2596・『中国雑草原色図鑑』69
        
『倭名類聚抄』布加豆三、本草綱目啓蒙13/344
   シマキツネノボタン R. sieboldii (R.cantoniensis var.sieboldii;揚子毛茛・辣子草・
        水辣菜) 『中国本草図録』Ⅶ/3096・『中国雑草原色図鑑』69
   キツネノボタン
(広義) R. silerifolius
     キツネノボタン var. glaber(R.quelpaertensis var.glaber)
     ハイキツネノボタン var. prostratus
     ヤマキツネノボタン var. silerifolius(var.quelpaertensis, R.ternatus
         var.quelpaertensis, R.quelpaertensis var.quelpaertensis)
   ダフリアキンポウゲ R. smirnovii (興安毛茛)
   タカネキンポウゲ R. sulphureus
   オトコゼリ R. tachiroei(R.cantoniensis var.tachiroei)
   R. tanguticus (高原毛茛) 『中国本草図録』Ⅹ/4587
   ヒキノカサ
(コキンポウゲ) R. ternatus (R.extorris, R.zuccarinii;小毛茛・小金鳳花・
        猫爪草・三散草)『中国本草図録』Ⅹ/4588
     リュウキュウヒキノカサ var.lutchuensis(R.lutchuensis)
   R. veryii(R.glaber;毛茛・回回蒜・大本山芹菜・鼈仔草)
 これはキツネノボタンか
   ヒメキツネノボタン R. yegatakensis(R.hakkodensis var.yaegatakensis,
        R.quelpaertensis var,yaegatakensis, R.ternatus var.yaegatakensis,
         R.silerifolius var.yaegatakensis)
   ヒメノウマノアシガタ R. yakushimensis
   ヤツガタケキンポウゲ R. yatsugatakensis
   チトセバイカモ R. yezoensis(Batrachium yezoense)
   R. yunnanensis (雲南毛茛)
 『雲南の植物』99 
 キンポウゲ科 Ranunculaceae(毛茛科)の植物については、キンポウゲ科を見よ。
 ウマノアシガタは、葉の形によるという。漢名の老虎脚迹・英名の crow foot も同様か。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)毛茛に、「ウマノアシガタ コマノアシガタ オニゼリ備後 オホゼリ同上 オコリオトシ江州 テマリグサ同上 カハミツバ同上 カイルコグサ同上彦根 ウマノバンジヤウ河内 ヒトデ ウマゼリ播州」と。
 漢名について、李時珍は「茛は乃ち草烏頭(野生のトリカブト属の植物)の苗なり。此の草、形状及び毒、皆な之に似たり。故に名づく」と。
 日本・朝鮮・中国(全国)に分布。
 毒草、皮膚に発泡作用を持つ。
 中国では、根ごとの全草を薬用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「金風花(きんふうけ) 中末。花金色、せんよ・ひとへあり。銀風花といふハ白、ひとへ」とあるものは、キンポウゲか。
 
   温かに洋傘
(かさ)の尖(さき)もてうち散らす毛茛(きんぽうげ)こそ春はかなしき
     
(北原白秋『桐の花』1913)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index