いちりんそう (一輪草) 

学名  Anemone nikoensis (Anemonoides nikoensis)
日本名  イチリンソウ
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  イチゲソウ(一花草・一夏草)、ウラベニイチゲ
漢名  雙瓶梅(ソウヘイバイ,shuangpingmei)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  
英名  One flower plant
2007/03/29 野川公園自然観察園
 

2007/04/15 神代植物公園

2005/04/24 野草園

 イチリンソウ属 Anemone(銀蓮花屬)の植物には、世界中に約150種がある。

   A. altaica(阿爾泰銀蓮花・菊形雙瓶梅・菖蒲・九節菖蒲・小菖蒲・外菖蒲・京玄參)
         中国では内蒙古・河南・山西・陝西に分布、根茎を薬用にする。
        
『中薬志』Ⅰ/図2。セキショウを参照。
   ウラホロイチゲ A. amurensis(Anemonoides amurensis;黒龍江銀蓮花)
   A. begoniifolia(卵葉銀蓮花)
   ハナアネモネ A. blanda(希臘銀蓮花) 地中海東部地方原産
   A. cathayensis(銀蓮花,ギンレンカ,yinlianhua )
   ボタンイチゲ(ハナイチゲ) A. coronaria(冠状銀蓮花) 地中海地方原産
   A. davidii(西南銀蓮花・滇川銀蓮花・銅骨七)
 『中国本草図録』Ⅴ/2077
   ヒメイチゲ A. debilis(Anemonoides debilis)
     ホソバヒメイチゲ var. gracilis
   A. demissa(展毛銀蓮花)
『雲南の植物』83・『週刊朝日百科 植物の世界』8-261
     var. major(寛葉展毛銀蓮花)『中国本草図録』Ⅷ/3556
     var. villosissima(密毛銀蓮花)
 『雲南の植物Ⅰ』61
   フタマタイチゲ A. dichotoma(Anemonidium dichotomum;二歧銀蓮花・土黄芩)
          『中国本草図録』Ⅸ/4104・『中国雑草原色図鑑』62
   A. exigua(小銀蓮花)
 『雲南の植物Ⅰ』61
   ニリンソウ A. flaccida(A.laevigata, Anemonoides flaccida, Arsenjevia flaccida;
         林陰銀蓮花・蜈蚣三七・鵞掌草・地烏・黑地雷)
   A. geum(A. obtusiloba var. ovaliflora; 鈍裂銀蓮花)
   シュウメイギク
(広義) A. hupehensis
     var. hupehensis(打破碗花花)
         
『中国本草図録』Ⅰ/0056・『週刊朝日百科 植物の世界』8-262
     シュウメイギク var. japonica(A. japoinica; 秋牡丹)
     f. alba(木綿花)
 『雲南の植物Ⅱ』55
   A. imbricata(迭裂銀蓮花)
   ユキワリイチゲ A. keiskeana(Tamuria keiskana)
   A. lutiensnsis(魯甸銀蓮花)
 『雲南の植物Ⅰ』62
   タイワンシュウメイギク A. matsudae
   ハクサンイチゲ
(広義) A. narcissiflora
     var. narcissiflora
ユーラシア北部・北アメリカ北西部に分布。
         『週刊朝日百科 植物の世界』8-260
     ハクサンイチゲ ssp. nipponica 日本の本州中部の高山植物。8-260
         『週刊朝日百科 植物の世界』
     ssp. crinita(長毛銀蓮花)
 『中国本草図録』Ⅹ/4581
       エゾノハクサンイチゲ var. sachliensis(ssp. sachalinensis,
          A.sachalinensis, Anemonastrum sachalinense)
日本では東北・北海道に分布
     センカソウ var. villosissima(Anemonastrum villosissimum)
   A. nemorosa ヨーロッパ・イギリス原産
   イチリンソウ
(イチゲソウ) A. nikoensis(Anemonoides nikoensis;雙瓶梅)
   A. obutusiloba
     var. ovalifolia(截基銀蓮花)
『雲南の植物Ⅰ』62・『雲南の植物』84
   キクザキイチゲ A. pseudo-altaica
   アズマイチゲ A. raddeana(Anemonoides raddeana, A.juzepczukii;多被銀蓮花)
   A. rivularis(草玉梅・虎掌草・五朶雲・渓邊銀蓮花)
         
 『雲南の植物Ⅱ』55・『雲南の植物』85・『中国本草図録』Ⅱ/0554 
     var. flore-minore(小花草玉梅・破牛膝)『中国本草図録』Ⅶ/3075
   A. rupicola(岩生銀蓮花)
 『雲南の植物』88
   A. shantungensis(山東銀蓮花)
   シコクイチゲ A. sikokiana(A.chosenicola, Anemonastrum sikokianum)
   A. silvestris(林生銀蓮花) 『中国本草図録』Ⅸ/4105
   エゾイチゲ
(ヒロバヒメイチゲ) A. soyensis(A.debilis var.soyensis, A.yezoensis,
         A.umbrosa ssp.sciaphila)
   サンリンソウ A. stolonifera(Anemonoides stolonifera;三輪草)
   A. tomentosa(大火草・大頭翁) 
『中国本草図録』Ⅲ/1120
   A. trullifolia
     var. linearis(條葉銀蓮花)
 『雲南の植物』86・『中国本草図録』Ⅴ/2079
     var. holophylla(擬條葉銀蓮花)
 『中国本草図録』Ⅴ/2078
   A. umbrosa(陰地銀蓮花)
   A. vitifolia(野棉花・満天星・野牡丹・接骨蓮・土白頭翁)
         
 『雲南の植物』89・『中国本草図録』Ⅴ/2080

 こんにち日本で園芸上アネモネと呼ぶものは、ボタンイチゲ及びこれを母種の一とする交雑品種群。
 キンポウゲ科 Ranunculaceae(毛茛科)の植物については、キンポウゲ科を見よ。
 和名イチリンソウは、ニリンソウサンリンソウと組み合わされた命名。
 イチゲソウは、「『尺素往来』に一夏草と出ているが一花草とするのがただしいだろう」
(牧野)
 日本の本州・四国・九州に分布。埼玉県では準絶滅危惧(NT)。
 中国では、観賞用に栽培する。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「一りん草 中。花しろし。小草也。一本ニ一りんつゝ花咲」と。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index