あきぎり (秋桐)

学名  Salvia glabrescens
日本名  アキギリ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2011/04/10 神代植物公園

2009/10/31 栽培品。 オオアキギリ f. robusta か。
『週刊朝日百科 植物の世界』2-231参照
 アキギリ属 Salvia(鼠尾草屬)は、広く世界の温帯・熱帯に400-700種が分布する。

  S. aerea(橙色鼠尾草)
  ビロードアキギリ S. argentea
  S. bowleyana (南丹參・丹參・七里麻・七里蕉)
  S. castanea(栗色鼠尾草)
  S. cavaleriei (血盆草・貴州鼠尾草)
    var. simplicifolia (單葉血盆草・血盆草) 『中国本草図録』Ⅵ/2814
  S. chinensis (華鼠尾草・紫參・石見穿・石打穿)
  ベニバナサルビア S. coccinea(紅花鼠尾草・朱唇・小紅花)
      
 熱帯アメリカ原産というが、中国では四川・雲南に分布するという。『中国本草図録』Ⅱ/0803
  S. cylostegia var. purpurascens(紫花圓苞鼠尾)
『雲南の植物Ⅰ』252・『雲南の植物』188
  S. deserta(新疆鼠尾草) 『中国本草図録』Ⅹ/4826
  S. digitaloides (白背丹參・毛地黄丹參・毛地黄鼠尾草・銀紫丹參・白元參)
       
『雲南の植物Ⅰ』252・『雲南の植物』189・『中国本草図録』Ⅷ/3787
  S. elegans メキシコ・グワテマラ原産
  S. farinacea (藍花鼠尾草) テキサス・メキシコ原産
  ケショウサルビア S. farinosa
  S. flava(黄花丹參・黄花鼠尾草)
『雲南の植物』189・『中国本草図録』Ⅴ/2295
    var. megalantha
『週刊朝日百科 植物の世界』2-232
  S. gesneriiflora コロンビア原産
  アキギリ S. glabrescens(S.nippoica var.glabrescens)
    オオアキギリ f. robusta
    シボリミヤマアキギリ var. purpureomaculata
    ハイコトジソウ var. repens()
  S. glutinosa ヨーロッパ・西アジア原産
  S. guaranitica 
  ヤンバルタムラソウ S. hayatana
  S. hians
ヒマラヤ産、 『週刊朝日百科 植物の世界』2-233
  S. honania(河南鼠尾草)
  ラベンダーセージ S. indigo-spires
  S. involucrata
メキシコ・中央アメリカ原産
  シマジタムラソウ S. isensis
  アキノタムラソウ S. japonica (鼠尾草・秋丹參)
    var. multifoliolata(多葉變種鼠尾草)
四川・廣東産
  S. kiaometiensis (土丹參・地鼠尾)
  シナノアキギリ S. koyamae
  S. leucantha メキシコ・熱帯アメリカ原産
  S. lutescens
    ウスギナツノタムラソウ var. lutescens
 鈴鹿山脈産
    ナツノタムラソウ var. intermedia
    ミヤマタムラソウ var. crenata 
中部地方の山地産
    ダンドタムラソウ var. stolonifera
  S. maxiowicziana(鄂西鼠尾草・紅秦艽)  『中国本草図録』Ⅵ/2815
  S. mexicana 
  S. microphylla var. neurepia メキシコ原産
  タンジン S. miltiorrhiza (丹參・赤參・紅根・紅丹參・紫丹參・木羊乳)
      『中薬志Ⅰ』pp.70-72・『中国雑草原色図鑑』190
     var. alba (白花丹參)  『中国本草図録』Ⅳ/1831
  タイワンハルノタムラソウ S. muratae
  カブバサルビア S. napifolia
  キバナアキギリ
(コトジソウ) S. nipponica
     キソキバナアキギリ var. kisoensis
     ミツデコトジソウ var. trisecta
  ヤクヨウサルビア
(セージ) S. officinalis (撒爾維亞)
  S. omeiana(峨眉鼠尾草・白氣草) 『中国本草図録』Ⅹ/4827
  タジマタムラソウ S. omerocalyx
     ハイタムラソウ var. prostrata
  ソライロサルビア S. patens メキシコ原産、花色は青
  ミゾコウジュ S. plebeia (茘枝草・野蘇麻・蝦蟇草・薺薴・雪見草・雪裏靑)
      
 『中国本草図録』Ⅳ/1832・『中国雑草原色図鑑』192
     var. kiangsiensis (關公鬚・根下紅・落地紅)
  イヌヒキオコシ S. plectranthoides (小丹參・長冠鼠尾・紅骨參・紫參・勁枝丹參)
      
 『雲南の植物Ⅱ』246
  S. pratensis ヨーロッパ原産
  S. prionitis (黄埔鼠尾・紅根子・紅根草・小丹參)
  S. przewalskii (甘肅丹參・甘西丹參・紫丹參・紅秦艽)
 『中国本草図録』Ⅰ/0306
     var. glabrescens(少毛甘西鼠尾草・靈藍香) 『中国本草図録』Ⅷ/3788
      var. mandarinorum(褐毛甘西鼠尾草・褐毛丹參) 『中国本草図録』Ⅷ/3789
     var. rubrobrunnea(紅褐甘西鼠尾草) 『中国本草図録』Ⅷ/3790
  ヒメタムラソウ S. pygmaea
      アマミタムラソウ var. simplicior
  ハルノタムラソウ S. ranzaniana
  イヌヒメコヅチ S. reflexa
  S. roborowslii(粘毛鼠尾草) 『中国本草図録』Ⅷ/3791
  タカサゴタムラソウ S. scapiformis (地梗鼠尾・田芹菜・白補藥)
  オニサルビア(クラリセージ) S. sclarea 地中海地方原産
  S. sinica(浙皖丹參)
  サルビア(ヒゴロモソウ) S. splendens (西洋紅・一串紅・象牙紅・墻下紅)
  S. subpalmatinervis(近掌腺鼠尾)
『雲南の植物Ⅰ』254・『雲南の植物』190
  S. substolonifera (蔓莖鼠尾・佛光草・湖廣草・小燈臺・走莖丹參)
 『中国本草図録』Ⅳ/1833
  S. trijuga (三對葉丹參・三葉鼠尾草・小紅參)
 『中国本草図録』Ⅰ/0307
  S. umbratica(蔭生鼠尾・山蘇子・山椒子)
  ミナトタムラソウ S. verbenaca
  ムラサキサルビア S. viridis(S.horminum;紫花鼠尾草) 南ヨーロッパ原産、花色は紫
  S. yunnanensis (雲南丹參・滇丹參・紫丹參・石山丹參・雲南鼠尾草紅靑菜)
      
 『雲南の植物Ⅱ』247・『中国本草図録』Ⅶ/3322
  
 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。
 学名の属名は、「無病息災 salvus・健康な salveo」に由来する。古来、薬用サルビアを薬用にしたことから。
 日本の、本州の中部地方・近畿地方に分布。
 アキギリ属の植物は、薬用にするものが多い。
 代表的なものは、漢方の丹參、西洋で利用する薬用サルビア
 アキギリ属の植物は、東京都薬用植物園で、系統的に試験栽培している。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index