ざくろ (柘榴・石榴) 

学名  Punica granatum
日本名  ザクロ
科名(日本名)  ザクロ科
  日本語別名  
漢名  石榴(セキリュウ,shiliu)
科名(漢名)  安石榴(アンセキリュウ,anshiliu)科
  漢語別名  榴、安石榴、花石榴(huashiliu)、果石榴(guashiliu)、柘榴(セキリュウ,shiliu)、丹若(タンジャク,danruo)、塗林(トリン,tulin)、奈林(ナリン,nailin)
英名  Pomegranate
2007/04/19 薬用植物園
2005/05/26 跡見学園女子大学新座キャンパス

2004/08/23 同上

2004/09/21

2004/10/06
2004/10/25 同上
2006/12/07 神代植物公園
 ザクロ科 PUNICACEAE(安石榴科)は、1属 2種。
 ザクロ属 Punica(石榴屬)
   P. proto-punica イェメン南部ソコートラ島特産。ザクロの祖先型。
   ザクロ P. granatum(石榴)
     var. legrellei(瑪瑙石榴)
 『中国本草図録』Ⅴ/2219
     ハナザクロ var. multiplex(重瓣白石榴) 『中国本草図録』Ⅶ/3238

 最近では、ザクロ科はミソハギ科の1亜科として扱うことがある。 
 六朝時代には、ザクロは塗林・奈林と呼ばれた。塗林(トリン,tulin)はサンスクリット語の dalima の音写、奈林(ナリン,nalin)はイラン語の anar・ウィグル語の nara の音写。
 この植物を石榴・柘榴と呼ぶようになったのは、唐代からのことと言う。
 石榴は柘榴(セキリュウ,shiliu)とも書く。柘(シャ,zhe)の字は この場合は石と同音に読む。
 二字目の榴は、熟してはじけた果実のようすに着目したことばで、一説につぶつぶの意といい、つるつるした玉(瑠)のようなの意といい、あるいは意は不明という。
 安石榴と安をつけるのは、むかし張騫が 西方の安息(パルティア)国からもたらしたものと考えられたことによる。
 
(安息は、パルティア国の創始者アルシャクArshak の音訳。以来、パルティアあるいはペルシアの人を安姓で呼ぶなど、安の字はパルティア或はペルシアを表す。)
 なお、唐代に海石榴(海の彼方から来た石榴)と呼ばれた植物があり、日本ではツバキと訓じた。ツバキの項を見よ。
 和名ザクロは、漢名 石榴・柘榴の音の転訛。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)安石榴に、「和名佐久呂」と。源順『倭名類聚抄』
(ca.934)石榴に、「和名佐久呂」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)26安石榴に、「イロタマ古名 ザクロ ジヤクロ」と。
 地中海東岸から北西インドの原産、西アジアでは最も古くから栽培された果樹。古代ギリシアでも栽培された。
 中国には、B.C.2c.に 張騫が西方からもたらしたといわる(一説にA.D.3c.末)。日本では、平安時代前期には栽培されていた。
 花は観賞用に、果実は食用・薬用に、根皮は薬用に供する。『中薬志Ⅱ』pp.100-102
 鏡として金属製のものが用いられていた時代には、表面を磨くのにザクロの実の汁を用いた。
 中国では、張華(232-300)『博物誌』に、「張騫(?-114B.C.)、西域に使して還り、安石榴・胡桃蒲桃を得たり」と(賈思勰『斉民要術』10所引)
 漢の上林苑には「安石榴十株」が植えられていた(『西京雑記』巻上)。一般的に普及したのは 唐代から。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻4に「安石榴」が載る。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「山椒(さんせう)るひ」に、「柘榴(ざくろ) くれないの花 咲。秋 実のる」、「花柘榴 上々。くれない、八重、実ならす。花ざくろに三色ハ、白八重、黄色八重となり」、「甘(あま)柘榴 花ハくれない、一重。実あまし」と。
 
   あまのはら冷ゆらむときにおのづから柘榴は割れてそのくれなゐよ
     
(1942,齋藤茂吉『霜』)
 
 果実の中に種子の多いさまから、世界の各地で子孫繁栄・多産の象徴となった。古代ギリシアでは豊穣のシンボルであり、冥界に落ちたペルセフォネはザクロを食べて地上に戻り、大地と豊穣の女神となった。キリスト教でも、ザクロは再生と不死の象徴。
 中国でも同様であり、多産と子孫繁栄の象徴。ここから、ザクロは鬼子母神の持ち物となった。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index