さんざし (山楂子) 

学名  Crataegus cuneata
日本名  サンザシ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  
漢名  野山樝(ヤサンサ,yeshanzha)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  紅果子、山裏紅・山裏果、小葉山樝・南山樝・藥山樝、■{木偏に九}
英名  
2006/03/26 薬用植物園
2006/04/16 同上
2007/05/10 同上
2008/05/04 薬用植物園
2007/05/26 同上
2007/06/20 同上 2007/07/21 同左
2007/10/08 同上


 サンザシ属 Crataegus(山樝屬)の植物には、東アジアには次のようなものがある。
   C. altaica(阿爾泰山樝)
   クロミサンザシ
(エゾサンザシ) C. chlorosarca 日本(北海道・長野県菅平)・樺太に分布
   C. chungtienensis(中甸山樝)
 『雲南の植物Ⅰ』129
   サンザシ C. cuneata(野山樝・南山樝)
   C. hupehensis(湖北山樝・猴樝子)
   エゾノサンザシ C. jozana
   C. kansuensis(甘肅山樝)
   オオバサンザシ
(アラゲアカサンザシ) C. maximowitzii(毛山樝)
        
 日本(北海道根室)・朝鮮・中国(東北)・樺太・シベリアに分布
   オオサンザシ
(コサンザシ) C. pinnatifida(山樝) 『中国本草図録』Ⅰ/0097
     オオミサンザシ var. major(山裏紅・山樝・大山樝・北山樝・紅果・酸梅子)
   C. sanguinea(遼寧山樝・遼山樝)
     var. glabra(光葉遼寧山樝) 『中国本草図録』Ⅸ/4159
   C. scabrifolia(雲南山樝・雲樝・山林果) 『中国本草図録』Ⅹ/4624
   C. wattiana(瓦特山樝)
   C. wilsonii(華中山樝)

 ヨーロッパには、次のようなものがある。
   セイヨウサンザシ C. laevigata(C.oxyacantha;E.English hawthorn, Mayflower)
   ヒトシベサンザシ C. monogyna(E.Common hawthorn, Mayflower) 
 バラ科 Rosaceae(薔薇科) ナシ亜科 Pomoideae(梨亞科)については、ナシ亜科を見よ。
 樝(サ,zha1)と楂(サ,zha1)は、字体が似ているために通用しているが、本来は別字。クサボケを見よ。
 漢語の山樝子・山楂子は、山樝(オオサンザシ)の実。
 和語の山楂子は、サンザシの実。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)26山樝に、「サンザシ通名 閏月ウメ種樹家、今ハヨバズ」と。
 属名は、ギリシア語「力 kratos」「持つ agein」に由来、材が堅いことから。
 中国(河南・安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩廣・兩湖・四川・貴州・雲南・陝西)に分布。
 日本には享保19
(1734)年に薬用として入り、今日では各地で庭木として栽培する。
 牧野は 果実は「食べられないが、薬用になる」というが、『中国高等植物図鑑』には「果は生で食い、酒を醸しあるいはジャムを作る。若い葉は茶の代用とする。果実は薬用にする」云々とある。
 中国では、同属の植物のうち、オオサンザシオオミサンザシ・サンザシの果実・根・葉を薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.8-14 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index