わりんご (和林檎) 

学名  Malus asiatica
日本名  ワリンゴ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  リンゴ、ジリンゴ
漢名  沙果(サカ,shaguo)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  花紅(カコウ,huahong)、林檎(リンキン,linqin)、文林郎果(ブンリンロウカ,wenlinlangguo)
英名  
『中国本草図録』Ⅶ/3150・『週刊朝日百科 植物の世界』5-151

 りんごに、ワリンゴセイヨウリンゴの二種類がある。
 ワリンゴ M. asiatica は、江戸時代まで林檎(りんご)と呼ばれてきた在来種。
 セイヨウリンゴ M. pumila は、明治以降日本でも栽培・食用され、こんにち一般にりんごと呼ばれているもの。
 リンゴ属 Malus(蘋果屬)の植物については、リンゴ属を見よ。
 リンゴは、漢名の林檎の音の転訛。
 明治時代以降、セイヨウリンゴが普及すると、それと区別して 地林檎
(じりんご)・和林檎(わりんご)と呼ばれた。
 古くは、源順『倭名類聚抄』(ca.934)林檎に、「和名利宇古宇」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)26林檎に、「リウゴウ和名鈔 リンゴ アヲリンゴ加州」と。
 漢名の林檎は、もと西北方の異民族のことばの音写か。この語は、今日の中国でも 西北地方の一部で用いられるのみという。
 中国の華北・西北・西南に分布する(自生地は湖北省、ともいう)。直径4-5cmの黄色乃至赤色の果実をつけ、生であるいは加工して食用にし、また酒を作る。
 日本には鎌倉時代に渡来し、長野県から奥羽地方に分布。(明治初期にセイヨウリンゴが導入されるまで)一般的に林檎(りんご)と呼ばれ、食用にされてきた。
 今日では、庭木として栽培する程度で、経済栽培はない。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻4に「柰・林檎」が載り、栽培法・利用法を記す。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index