かりん (花梨) 

学名  Chaenomeles sinensis (=Pseudocydonia sinensis)
日本名  カリン
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  カラナシ、キボケ、カラボケ、アンラクカ(アンラクジュ)
漢名  木瓜(ボクカ,mugua)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  榠樝(ベイサ・メイサ,mingzha)、榠、木李
英名  (Chinese) Quince
2006/03/26 薬用植物園
2007/04/06 薬用植物園
2006/04/13 東村山市下里団地 (ここにはカリンの街路樹がある)
2006/05/06 薬用植物園
2006/08/12 薬用植物園
2006/11/04 薬用植物園
2006/11/19 山梨市フルーツパーク
 ボケ属 Chaenomeles(木瓜屬・貼梗海棠屬)については、ボケを見よ。
 カリン属 Pseudocydonia として独立させる場合は、1属1種。
 和名は、木目がフタバガキ科の花櫚(かりん)に似ているから(牧野)。したがって、花梨は当て字。
 樝(サ,zha1)と楂(サ,zha1)は、字体が似ているために通用しているが、本来は別字。クサボケを見よ。
 『中薬志Ⅱ』pp.56-58によれば、本種の名は榠樝であり、木瓜と呼ぶのは誤りという。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)26榠樝に「クハリン キボケ」、31櫚木に「クハリン」と。
 中国原産。日本には江戸時代に渡来。
 長野県諏訪地方特産のカリンと称するものは、じつはマルメロ
 果実は酸っぱくて渋く、生食はできないので、水煮にしたり砂糖漬けにするなどして食う。
 また果実・種子・枝葉を薬用にする。
 花や果実を鑑賞するために、しばしば庭園に植える。
 木材は硬いので、床柱に用いる。
 『詩経』衛風・木瓜(ぼくか)に「我に投げるに木瓜を以てす」とある木瓜は、これだという。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「辛夷(こぶし)のるひ」に「あんらんじゅ 葉ハもくれんげニ少にて、夏 実あり、形 梨子(なし)のごとし」と、また「梨子(なし)るひ」に「くわりん くわんおんじのごとく」と。

   どしや降りの午後になりつつものをいふことさへもなく木瓜
(ぼけ)の実煮たり
     
(1943,齋藤茂吉『小園』)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index