はちく  

学名  Phyllostachys nigra var. henonis(P.henonis)
日本名  ハチク
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  クレタケ(呉竹)、カラタケ(唐竹)、アワタケ
漢名  淡竹(タンチク,tanzhu)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  水竹(スイチク,shuizhu)、甘竹、金竹(キンチク,jinzhu)、甘竹(カンチク,ganzhu)、光若竹、釣魚竹、白夾竹(ハクキョウチク,baijiazhu)、平竹(ヘイチク,pingzhu)、杜圓竹、斑眞竹
英名  
2006/02/11 神代植物公園
 基本種は、クロチク(シチク) var.nigra(紫竹)。
 マダケ属 Phyllostachys(剛竹屬・毛竹屬)については、マダケ属を見よ。
 タケについては、たけを見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)淡竹に、「和名久礼多介」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、「■{竹冠に甘}竹 文字集略云、■〔音甘、楊氏漢語抄云、呉竹也、和語云久礼太介〕云々」、「楊氏漢語抄云、淡竹、於保多介」と。
 中国(河南・山東・安徽・江蘇・浙江・江西・兩湖・四川)原産、日本・中国で広く栽培される。
 モウソウチクマダケとともに三大竹の一。
 筍は美味。 材は裂いて竹器を作る。
 中国では、緑色の外皮を剥ぎ 茎を取り去った中間層を、竹茹(チクジョ,zhuru)と呼び、薬用にする。
『中薬志Ⅲ』pp.486-488 
 『古今集』に、

   世にふれば ことのはしげき くれ竹の うきふしごとに 鶯ぞなく (よみ人しらず)

 西行
(1118-1190)『山家集』に、

   雪うづむ その
(園)のくれたけ を(折)れふして ねぐらもとむる むらすずめ哉
   くれ竹の ふし
(節)しげからぬ よ(世)なりせば この君はとて さしいでなまし
   呉竹の 今いくよかは おきふして いほりのまどを あげおろすべき

 『新古今集』に、

   時雨ふる 音はすれども くれ竹の などよとともに 色はかはらぬ
(藤原兼輔)
 
 「くれたけの」は、竹の節(よ・ふし)から、世・夜・ふし・伏見などにかかる枕詞。

   千はやぶる 神のみよより くれ竹の 世々にもたえず・・・
     
(『古今和歌集』紀貫之)
   くれ竹の よよのふるごと なかりせば いかほのぬまの・・・
     
(『古今和歌集』壬生忠峯)
 
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「竹のるひ」に、「からたけ 雄(を)たけ共いふ。つねの竹なり。かの輪細工等ニ用ルるひなれハ、おけやいふにたらず」、「淡竹(はちく) 紫竹のやうにて、色白し。葉よくこもりて、立花ニつかふ」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index