つるにちにちそう (蔓日日草) 

学名  Vinca major
日本名  ツルニチニチソウ
科名(日本名)  キョウチクトウ科
  日本語別名  ツルギキョウ
漢名  蔓長春花(マンチョウシュンカ,manchangchunhua)
科名(漢名)  夾竹桃(キョウチクトウ,jiazhutao)科
  漢語別名  攀纏長春花(ハンテンチョウシュンカ,panchanchangchunhua)
英名  Large periwinkle, Periwinkle
2006/04/16 薬用植物園

 ツルニチニチソウ属 Vinca(蔓長春花屬)には、世界に約12種がある。
   ニチニチソウ V. major(蔓長春花)
   ヒメツルニチニチソウV. minor(小蔓長春花) 
 キョウチクトウ科 APOCYNACEAE(夾竹桃科)については、キョウチクトウ科を見よ。
 和名は、蔓性のニチニチソウ(日日草)。
 南ヨーロッパ・北アフリカ原産。明治初期に渡来。
 「長さ1〜2mのつるがのび、卵円形の葉をつける。この茎は節からほとんど発根しないでのびる。春には株際から花茎が直立し、高さ30〜40cmとなり、頂部に美しい紫藤色の花を腋生する。花冠は5深裂し、花筒は長い。」
(『世界大百科事典』) 
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index