しゅくしゃ (縮砂・宿砂) 

学名  Hedychium coronarium
日本名  シュクシャ
科名(日本名)  ショウガ科
  日本語別名  ハナシュクシャ
漢名  薑花(キョウカ,jianghua)
科名(漢名)  薑科
  漢語別名  白薑花、蝴蝶花(コチョウカ,hudiehua)、路邊薑(ロヘンキョウ.lubianjiang)、土薑活(ドキョウカツ,tujianghuo)、山薑活、白草果
英名  Common ginger lily, Garland flower
2005/09/12 跡見学園女子大学新座キャンパス

2005/11/16 同上


 シュクシャ属 Hedychium(薑花屬)には、熱帯アジア・ヒマラヤに約50種がある。
   ニクイロシュクシャ H. carneum
   ベニバナシュクシャ H. coccineum(紅薑花)
 『雲南の植物Ⅲ』273
   シュクシャ H. coronarium(薑花)
     ジンジャ var. chrysoleucum
   H. densiflorum(密花薑花)
   H. ellipticum
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』10-188
   H. emeiense(峨嵋薑花)
   H. flavum(黄薑花)
   マルベンシュクシャ H. forrestii(圓瓣薑花)
 『雲南の植物Ⅲ』274
   キバナシュクシャ H. gardnerianum(紅絲薑花)
      
 インド原産、『週刊朝日百科 植物の世界』10-187
   H. kwangsiensis(廣西薑花)
   H. maximum(大薑花)
   H. panzhuum(盤珠薑花・洋薑笋)
 『中国本草図録』Ⅶ/3436
   サンナ H. spicatum(草果藥・土良薑)
 『中国本草図録』Ⅴ/2431
   H. tienlinensis(田林薑花)
   H. venustum(短蕊薑花)
   H. villosum(毛薑花)
 南・東南アジア産 
 ショウガ科 ZINGIBERACEAE(薑科・姜科)については、ショウガ科を見よ。
 漢名を縮砂(シュクシャ,susha)というものは、東南アジアに分布するショウガ科ズク属 Amomum の縮砂蔤(シュクシャミツ,sushami) A. xanthioides。 漢方では、その種子を縮砂仁・砂仁といい、薬用にする。
 ここに掲げる Hedychium coronarium は、縮砂とはまったくの別もの。従って これにシュクシャの名を用いるのは不当。
 インド・マレーシア・オーストラリアの熱帯・亜熱帯に分布、原産地は不明。
 中国
(廣東・雲南・四川)・臺灣では栽培する。
 日本には、安政
(1854-1860)以前に入った。 
 中国では、根茎を土薑活(ドキョウカツ,tuqianghuo)と呼び、薬用にする。また澱粉(アロールートデンプン)を採り、食用にする。
 ハワイでは、花から精油を採り、香水にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index