おおさんざし (大山樝子)

 学名  Crataegus pinnatifida
 日本名  オオサンザシ
 科名(日本名)  バラ科
   日本語別名  コサンザシ(小山樝子)
 漢名  山樝(サンサ,shanzha)
 科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
   漢語別名  
 英名  

2010/08/21 富山県中央植物園

 大形の果実をつける栽培品種に、オオミサンザシ var. major(山裏紅)がある。

 サンザシ属 Crataegus(山樝屬)の植物については、サンザシを見よ。

 漢語の山樝子・山楂子は、山樝(オオサンザシ)の実。
 和語の山楂子は、サンザシの実。

 朝鮮・中国(東北・華北・江蘇)・シベリアに分布。

 中国では、生垣に作り、またオオミサンザシリンゴなどの接木の台木にする。
 果実は生食し、或はジャムを作る。また薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.8-14 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index