とうきささげ 

学名  Catalpa bungei
日本名  
科名(日本名)  ノウゼンカズラ科
  日本語別名  トウキササゲ
漢名  楸(シュウ,qiu)
科名(漢名)  紫葳(シイ,ziwei)科
  漢語別名  金絲楸、梓桐、水桐、早楸蒜臺
英名 (English Name)  

 キササゲ属 Catalpa(梓樹屬)については、キササゲを見よ。
 日本では、古く楸をあづさと訓じた。しかし、梓弓(あづさゆみ)を作った梓(あづさ)の木はこれではない。(あづさの項を見よ)。
 中国(河北・河南・陝西・長江流域)の山地に産する。
 日本には、昭和時代に移入。
 中国では、樹皮や根皮(楸木皮)・葉(楸葉)・果実などを 薬用にする。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種槐・柳・楸・梓・梧・柞」が載る。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index