ぜんまい (銭巻)

学名  Osmunda japonica (=O. regalis var. japonica)
日本名  ゼンマイ
科名(日本名)  ゼンマイ科
  日本語別名  
漢名  紫萁・紫(シキ,ziqi)
科名(漢名)  紫萁科
  漢語別名  高脚貫衆、老虎牙、水骨菜
英名  Japanese royal fern
2007/03/29 神代植物公園


2006/04/15 野川公園自然観察園
2005/04/24 神代植物公園 2005/05/22 薬用植物園


2005/12/15 神代植物公園
2006/01/15 薬用植物園


 ゼンマイ科 Osmundaceae(紫萁科)には、3-5属がある。
   Leptppteris
ニューギニア・オーストラリア・ニュージーランド・サモアに約6種
   ゼンマイ属 Osmunda(紫萁屬)
     ゼンマイ亜属 Subgen. Osmunda
     ヤマドリゼンマイ亜属 Subgen. Osmundastrum
     シロヤマゼンマイ亜属 Subgen. Plenasium
   Todea
オーストラリア・ニュージーランド・南アメリカに1種 
 ゼンマイ属 Osmunda(紫萁屬)には、世界に十数種がある。
   シロヤマゼンマイ O. banksiifolia(Plenasium banksiifolium;粗齒革葉紫萁・粗齒紫萁)
   O. cinnamomea(Osmundastrum cinnamomeum;桂皮紫萁)
     ヤマドリゼンマイ var. fokiensis (南方紫)
     var. asiatica(O.asiatica;分株紫藄・桂皮)
   オニゼンマイ O. claytoniana(Osmundastrum claytonianum;纎紫萁)
   ゼンマイ O. japonica(紫萁)
   O. javanica(寛葉紫萁)
   ヤシャゼンマイ O. lancea(日本紫萁)
   O. vachellii(華南紫萁)

 上欄に記すゼンマイ属の3亜属は、そのまま屬として扱うことがある。
 シダ植物については、しだを見よ。
 和名は、銭巻の意であろうと言い、胞子葉が初めくるりと巻いて丸いことからとする。
 ばねの発条
(ぜんまい)は、形がゼンマイの若芽に似ていることからつけられた名。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)薇に、「ゼンマイ ゼンゴ上総」と。
 『広雅』に「茈(シキ,ziqi)、蕨也」とあるのは誤り、蕨はワラビである。
 
なお、茈は紫、ムラサキを見よ。
 日本・南サハリン・朝鮮・中国・臺灣・ヒマラヤに分布。
 若い栄養葉のあくを抜いて乾したものを 食用にする。地上部を乾燥して薬用にする。また、若葉を覆う綿毛を干して綿とし、また布(ぜんまい織)を織る。
 中国では、根状の茎及び幼い葉の上の綿毛(老虎台衣)を薬用にする。
 また、根を貫衆と呼び、薬用にする。ヤブソテツの誌を見よ。『中薬志Ⅰ』pp.428-438 
 古来、薇の字をゼンマイと訓ずるのは誤り、薇は野豌豆の仲間 Vicia を指す。
 蕨(わらび)は生にては性あしく味もよからず。塩づけよし。ほしたるは出羽の秋田より出づる物、柔にして味よし。ぜんまいも食様は右に同じ」宮崎安貞『農業全書』(1697)。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index