やぶみょうが (藪茗荷) 

学名  Pollia japonica
日本名  ヤブミョウガ
科名(日本名)  ツユクサ科
  日本語別名  ミョウガソウ、ハナミョウガ、ササリンドウ、チクランソウ
漢名  杜若(トジャク,duruo)
科名(漢名)  鴨跖草(オウセキソウ,yazhicao)科
  漢語別名  竹葉花(zhuyehua)・竹葉蓮(チクヨウレン,zhuyelian)、地藕(チグウ,di'ou)、杜衡・杜蘅(トコウ,duheng)、土杏
英名  
2006/08/13 神代植物公園
2005/08/02   野川公園自然観察園
2005/08/11 殿ヶ谷戸公園
2008/11/19 跡見学園女子大学新座キャンパス

 和名に関わらず、ツユクサ科の植物で、ショウガ科のミョウガとは異なる。
 ヤブミョウガ属 Pollia(杜若屬)には、世界の熱帯・亜熱帯に約18種がある。
   ヤブミョウガ P. japonica (杜若)
     コヤブミョウガ var. minor
   P. omeiensis (川杜若) 『中国本草図録』Ⅶ/3409
   P. hasskarlii(粗柄杜若・黑珍珠) 『中国本草図録』Ⅷ/3930
   P. secundiflora(長柄杜若) 『中国本草図録』Ⅹ/4925
   P. subumbellata (傘花杜若) 
 ツユクサ科 Commelinaceae(鴨跖草科)については、ツユクサ科を見よ。
 漢名の杜若は、植物名としてはヤブミョウガを指す。日本でこれをカキツバタにあてるのは誤り。
 杜衡・杜蘅は、一にヤブミョウガを指し、一にウスバサイシンの仲間 A. forbesii(杜衡・南細辛)を指す。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』10(1806)杜若に、「ヤブメウガ サゝリンドウ紀州 メウガサウ加州 チクランサウ薩州 ハナメウガ播州」と。
 日本(関東以西)・朝鮮・中国(長江流域以南)・臺灣・インドシナに分布。
 中国では、全草を竹葉蓮(チクヨウレン,zhuyelian)と呼び、薬用にする。
 『新注校定国訳本草綱目』Ⅳp.466によれば、中薬の杜若は、ハナミョウガ属 Alpinia(山薑屬)の次のものである、という。
   スイシャゲットウ A. chinensis(A.suishaensis;華山薑・山薑・九薑連・華良薑) 『雲南の植物Ⅲ』271・『中国本草図録』Ⅳ/1945
   アオノクマタケラン A. intermedia 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index