うつぼぐさ (靭草) 

学名  Prunella vulgaris var. lilacina (P. vulgaris ssp. asiatica; P. asiatica)
日本名  ウツボグサ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  カコソウ(夏枯草)
漢名  夏枯草(カコソウ,xiakucao)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  棒追草、鐵色草、大頭草・大頭花、夏枯頭
英名  Selfheal
2007/04/19 薬用植物園
2007/05/22 小石川植物園
2007/06/07 薬用植物園


2008/07/24 長野県蓼科山

2007/08/13 薬用植物園

 ウツボグサ属 Prunella(夏枯草屬)には、次のようなものがある。
   タイリンウツボグサ P. grandiflora(大花夏枯草)
        
 アルプス・ピレネー・アペニン・コーカサス原産
   P. hispida (剛毛
(硬毛・粗毛)夏枯草) 雲南・西藏に分布。『中国本草図録』Ⅴ/2294
   タテヤマウツボグサ P. prunelliformis
   P. vulgaris
     セイヨウウツボグサ ssp. vulgaris(歐夏枯草・夏枯草)
 『中国本草図録』Ⅵ/2812
     ウツボグサ ssp. asiatica(var.lilacina,P.asiatica;夏枯草)
       ミヤマウツボグサ var. aleutica(P.japonica)
       タイワンウツボグサ var. taiwaniana 
 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。
 和名は、花穂の形を靭(ウツボ)と見なしたもの。
 漢名は、夏になると 花穂が黒く枯れることから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)夏枯草に、「和名宇留比」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)夏枯草に、「和名宇流木」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11
(1806)に、「夏枯草 ウルキ」「ウツボグサハ一名スイスイバナ江州 スイスイ同上 スイバナ佐州 スモトリ濃州 ウシボクト長崎 ヒグラシ豫州 シビトバナ和州 シビトノマクラ 狐ノマクラ倶ニ同上 ウバチコ奥州 ウバノチ同上 トリゲグサ ヤリバナ マツカサグサ雲州」と。
 日本・朝鮮・中国(東北・山東・山西・江蘇・浙江・安徽・江西)・臺灣・樺太・シベリアに分布。
 中国では、嫩茎・嫩葉を食用。枯れて黒くなった花穂・全草を夏枯草・夏枯球・夏枯花と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.354-357、日本薬局方 
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「うつぼ草 初。花、むらさき」と。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index