じゅうにひとえ (十二単衣) 

学名  Ajuga nipponensis
日本名  ジュウニヒトエ 
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  
漢名  紫背金盤(シハイキンバン,zibeijinpan) 
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科 
  漢語別名  破血丹(ハケツタン,poxuedan)、石灰葉(セキカイヨウ,shihuiye)・石灰菜、散瘀草(サンオソウ,sanyucao)、退血草、散血草、白毛筋骨草、地龍膽、破血丹
英名  
2007/05/04 厚木市七沢
2007/04/29 野川公園自然観察園
2005/04/17 平林寺(新座市野火止)

 近年、同属のセイヨウキランソウをジュウニヒトエと称して、花壇などに植えている。
 キランソウ属 Ajuga(筋骨草屬)の植物については、キランソウを見よ。
 花が重なってさくようすを、平安時代の十二単(じゅうにひとえ)に擬えて。
 日本(本州・四国)・朝鮮・中国(長江以南・陝西)に分布。
 中国では、全草を キランソウ(筋骨草)と同様に 薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index