きらんそう  

学名  Ajuga decumbens
日本名  キランソウ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  チチグサ、オドゲソウ、ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャゴロシ(医者殺)
漢名  金瘡小草(キンソウショウソウ,jinchuangxiaocao)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  靑魚肝(セイギョカン,qingyugan)・靑魚膽、筋骨草(キンコツソウ,jingucao)・白毛筋骨草、白毛夏枯草、散血草、苦草、苦地膽
英名  
2007/03/29 神代植物公園
2008/04/24 入間市宮寺
2007/03/29 野川公園自然観察園
2007/05/04 厚木市七沢
2007/04/29 野川公園自然観察園


 キランソウ属 Ajuga(筋骨草屬)の植物には、世界に約50種がある。

   シマカコソウ A. boninsimae
   ヤエヤマジュウニヒトエ A. bracteosa(A.remota;九味一枝蒿・大苞筋骨草)
        
『中薬志Ⅲ』p.357、『雲南の植物Ⅱ』240
   A. campylantha(彎花筋骨草・止痢蒿) 『中国本草図録』Ⅷ/3777
   A. campylanthoides(短莖康定筋骨草・倒剝)
 『中国本草図録』Ⅴ/2279
   A. ciliata(筋骨草・緣毛筋骨草)
     カイ
(甲斐)ジンドウ var. villosior
   キランソウ A. decunbens(金瘡小草・筋骨草・白毛筋骨草・靑魚膽・白毛夏枯草)
   オニキランソウ A. dictyocarpa
   A. forrestii(痢止蒿・痢止草・白鬚龍) 
『雲南の植物Ⅰ』250・『中国本草図録』Ⅱ/0792
   A. genevensis(歐洲筋骨草・筋骨草・散血草・苦地膽・下草)
   ヒイラギソウ
(ジンドウソウ) A. incisa
   オウギカズラ
(ツルジンドウ) A. japonica
   A. lobata(匐枝筋骨草)
   A. lupulina(西藏筋骨草・白苞筋骨草・甜格宿宿草) 『中国本草図録』Ⅷ/3778
     var. major(齒苞筋骨草) 『中国本草図録』Ⅷ/3779
   タイワンキランソウ A. macrosperma(大籽筋骨草)
 『雲南の植物Ⅲ』268
   タチキランソウ A. makinoi
   ルリカコソウ A. multiflora(多花筋骨草・花夏枯草)
 『中国本草図録』Ⅴ/2281
   ジュウニヒトエ A. nipponensis(紫背金盤・散瘀草・白毛筋骨草)
   A. pantantha(散瘀草・山苦草・苦草・膽草)
   ヒメキランソウ A. pygmaea
   セイヨウキランソウ A. reptans(匍匐筋骨草)
   ツルカコソウ A. shikotanensis
   ヤエヤマキランソウ A. taiwanensis
   ニシキゴロモ A. yezoensis
     ツクバキンモンソウ var. tsukubana 
 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。
 和名キランソウの由来は不明。
 さまざまな薬効があるとされ、医者いらずとしてイシャゴロシ、死ぬ人
(地獄に行く人)がいなくなるというので(しかも地面に張り付いていることから)ジゴクノカマノフタなどの名がある。
 日本(本州以西)・朝鮮・中国(長江以南)に分布。
 中国では、キランソウ・ジュウニヒトエ・A. lupulina などの全草を、筋骨草と呼んで薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index