たむらそう (田村草)

学名  Serratula coronata ssp. insularis
日本名  タムラソウ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  タマボウキ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2011/08/15 長野県霧ヶ峰 (八島が原)

2008/08/28 上信県境 湯の丸高原

 タムラソウ属 Serratula(麻花頭屬)には、次のようなものがある。
   S. centauroides (麻花頭) 『中国本草図録』Ⅹ/4898・『中国雑草原色図鑑』258
   S. chinensis (華麻花頭・麻花頭・升麻・廣東升麻・鴨麻菜)
        
華南では根を升麻として用いる(『中薬志Ⅰ』pp.73-81 )
   S. coronata
     オクチタムラソウ ssp. coronata(僞麻花頭,ギマカトウ,weimahuatou)
     タムラソウ ssp. insularis
   S. cupiliformis (鐘苞麻花頭)
   S. forrestii (滇麻花頭)
   S. polycephala (多頭麻花頭)
   S. rugosa (新疆麻花頭)
   S. strangulata (蘊苞麻花頭) 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 和名の由来は不明(牧野)。
 基本種 ssp.coronata は、シベリア乃至ヨーロッパに分布。
 タムラソウは、日本
(本州・四国・九州)・朝鮮に分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index