おとぎりそう (弟切草)

学名  Hypericum erectum
日本名  オトギリソウ
科名(日本名)  オトギリソウ科
  日本語別名  
漢名  小連翹(ショウレンギョウ,xiaolianqiao)
科名(漢名)  金絲桃(キンシトウ,jinsitao)科 (藤黄科)
  漢語別名  小翹、小元寶草、小對月草、小對葉草、排草・排香草、小瞿麥
英名  
2008/08/29 群馬県嬬恋村


2010/08/22 富山県魚津市片貝川上流


 オトギリソウ科 Hypericaceae(Guttiferae;金絲桃科・藤黄科)には、約50属1000種がある。
   テリハボク属 Calophyllum(胡桐屬) 約80種
     テリハボク
(ヤラボ) C. inophyllum(胡桐・紅厚殻・海棠果)
     C. thorelii(雲南胡桐)
   Cratoxylum(黄牛木屬)
     C. cochinchinense(黄牛木)
     C. formosum(越南黄牛木)
     C. ligustrinum(黄牛木・雀籠木)
     C. prunifolium(苦丁茶・苦沈茶・紅眼樹)
   フクギ属 Garcinia(山竹子屬) 
約200種
     G. bracteata(顯苞山竹子)
     G. cowa(雲南山竹子・雲南莽橘柿)
     マンゴスチン G. mangostana
マレー原産
     G. multiflora(多花山竹子・山橘子・竹橘子)
     G. oblongifolia(嶺南山竹子・海南山竹子・水竹果)
     G. oligantha(山竹子・單花山竹子・角果山竹子)
     G. paucinervis(金絲李)
     フクギ G. spicata
     G. subelliptica(橢圓山竹子)
     G. tinctoria(人面果・歪歪果)
   オトギリソウ属 Hypericum(金絲桃屬)
   Mesua(鐵力木屬)
     M. ferrea(鐵力木・鐵栗木・鐵稜)
   ヒメオトギリ属 Sarothra 
オトギリソウ属 Hypericum に含めることがある
   ミズオトギリ属 Triadenum(紅花金絲桃屬) 3種
     T. breviflorum(三腺金絲桃)
     ミズオトギリ T. japonicum(紅花金絲桃)

 上記の内、テリハボク属・フクギ属を、テリハボク科(フクギ科) Clusiaceae として独立させることがある。 
 オトギリソウ属 Hypericum(金絲桃屬)には、次のようなものがある。
   H. acmocephalum(狹葉金絲桃)
   H. acutisepalum (合柱金絲桃)
   コボウズオトギリ H. androsaemum
   ダイセンオトギリ H. asahinae
   トモエソウ H. ascyron (黄海棠・湖南連翹・紅旱蓮・金絲蝴蝶・劉奇奴)
        
 『雲南の植物Ⅱ』102・『中国雑草原色図鑑』137
     オオトモエソウ(コウライトモエソウ) var. longistylum(var.vilmorinii;
        東北長柱金絲桃‣朝鮮長柱金絲桃)
     トモエソウ ssp.ascyron var. ascyron
     ヒメトモエソウ
(ススヤトモエ) ssp. gebleri(var. brevistylum,H.gleberi;
        短柱金絲桃・牛心菜)
   シナオトギリ H. attenuatum (趕山鞭‣小金絲桃)
 『中国本草図録』Ⅴ/2209
   H. augustinii (黄香棵)
   H. beanii(黄花香・大花金絲梅)
   H. bellum(美麗金絲桃‣西藏連翹)
     ssp. latisepalum(寛萼土連・土連翹)
 『中国本草図録』Ⅴ/2210
   セイヨウキンシバイ H. calycinum
   ビヨウヤナギ H. chinense (H. monogynum;金絲桃・金絲海棠・土連翹)
   H. delavayi (滇金絲桃) 『中国本草図録』Ⅶ/3229
   H. elliptifolium (橢圓葉金絲桃)
   H. elodeoides(挺莖遍地錦‣挺莖金絲桃)
   オトギリソウ H. erectum (小連翹・排草・排香草・對月草・小對葉草)
     オトギリソウ var. erectum
     フジオトギリ var. caespitosum(H.fujisanense) 
富士・御坂・秩父等の山地産
     シナノヤマオトギリ var. subalpinum 
上高地・徳本峠・中房温泉等に産
     オクヤマオトギリ
(ニッコウヤマオトギリ) var. longistylum 本州中部の山地産
     エゾヤマオトギリ var. parviflorum 
北海道大雪山産
   H. faberi(揚子小連翹)
   H. filicaule (纎枝金絲桃)
   タイワンキンシバイ H. formosanum (臺灣金絲桃)
   H. forrestii (川滇金絲桃)
『雲南の植物』103
   トモエオトギリ H. fragile
ヨーロッパ南東部原産
   H. gebleri(短柱金絲桃)
 『中国本草図録』Ⅳ/1747
   ニリンオトギリ H. geminiflorum (雙花金絲桃)
     ノウコウキンシバイ var. simplicistylum(小雙花金絲桃‣翻魂草)
   オクヤマオトギリ H. gracillimum 
        
YList は、この名のもとにシナノヤマオトギリ・イワテオトギリなどを一本化する。
   ホソバヒメオトギリ H. gramineum(Sarothra saginoides;細葉金絲桃)
臺灣産
   H. grandiflorum
洋種
   ハチジョウオトギリ H. hachijyoense
   コオトギリ H. hakonense
     クロテンコオトギリ var. inperforatum
     ニッコウオトギリ var. nikkoense
     アカテンオトギリ var. rubropunctatum
   H. hengshanense (衡山金絲桃)
   H. himalaicum (西藏金絲桃)
   H. hirsutum (毛金絲桃)
   H. hookerianum(金絲海棠・短柱金絲桃・多蕊金絲桃・土連翹)
          
『雲南の植物』103・『中国本草図録』Ⅱ/0711
   クモイオトギリ H. hyugamontanum
   シオカゼオトギリ H. iwatelittorale
   ヒメオトギリ H. japonicum(Sarothra japonica;地耳草・田基黄
(王)・黄花草)
        
 『中国本草図録』Ⅳ/1748・『中国雑草原色図鑑』137
   H. kamtschaticum
     ハイオトギリ var. kamtschaticum
     チシマオトギリ var. paramushirense
     イワオトギリ var. hondoense(H.senanense ssp.multiloides)
     シナノオトギリ
(ミヤマオトギリ) var. senanense(H.senanense)
     ウツクシオトギリ var. decorum
   カワラオトギリ H. kawaranum
   ミヤコオトギリ H. kinashianum
     ヒカゲオトギリ var. umbrosum
     ユフダケオトギリ var. yuhudakense
   キタミオトギリ H. kitamense
   ナガサキオトギリ H. kiushianum
     ヤクシマコオトギリ var. yakushimense(H.yakushimense)
   H. kouytchense(貴州金絲桃・洱海連翹)
   エゾヤマオトギリ H. kurodakeanum
   コケオトギリ H. laxum(Sarothra laxa)
   H. longistylum (長柱金絲桃)
   H. macrosepalum (大萼金絲桃)
   オオカナダオトギリ H. majus(Sarothra major)
   トウゲオトギリ H. miyabei
   セイタカオトギリ H. momoseanum
     アツミオトギリ var. atumense
   H. monanthemum(單花遍地金・長瓣金絲桃)
   ビヨウヤナギ H. monogynum(H.chinense,H.chinense var.salicifolium;
        金絲桃・金絲海棠・土連翹)
   トミサトオトギリ H. mutilum
   H. nagasawai (玉山金絲桃)
   H. nakamurai (淸水金絲桃)
   H. nokoense (能高金絲桃)
   H. ocmocephalum(栽秧花)
   アゼオトギリ H. oliganthum
   フデオトギリ H. olympicum
ヨーロッパ南東部・シリア・西アジア原産
   オオシナノオトギリ H. ovalifolium
     トガクシオトギリ var. hisauchii
   キンシバイ H. patulum (金絲梅・芒種花・雲南連翹)
     var. henryi → H. beanii
   タコアシオトギリ H. penthorodes
   セイヨウオトギリ H. perforatum (貫葉連翹・千層樓・小貫葉金絲桃)
         中国
(河北・陝西・山東・江蘇・江西・四川・貴州)には自生。
      コゴメバオトギリ ssp. chinense(var.angustifolium) 
ヨーロッパ原産、日本(三重・東京)に帰化
   H. petiolatum (小柄金絲桃)
      ssp. yunnanense (雲南金絲桃)
   H. przewalskii (突脈金絲桃・大對經草) 『中国本草図録』Ⅸ/4242
   オオバオトギリ H. pipairense(H.kamtschaticum var.pipairense)
   ハナオトギリ H. polyphyllum
   H. prattii (大葉金絲桃)
   H. pseudohenryi(山梔子)
 『雲南の植物Ⅰ』115
   サワオトギリ H. pseudopetiolatum (短柄金絲桃)
     コバノサワオトギリ f. parvifolium
     ヤクシマコオトギリ var. yakusimense
     ヤクシマオトギリ f. lucidum
     イワテオトギリ var. muraianum
     ナガサキオトギリ var. kiusianum
   ハリガネオトギリ H. repens
   H. reptans (匍枝金絲桃)
   サマニオトギリ H. samaniense(H.nakai ssp.nakai)
   ツキヌキオトギリ H. sampsonii (元寶草・對月蓮・合掌草・上天梯・帆船草・穿心草・
        劉奇奴)
劉奇奴の代用、『中薬志Ⅲ』p.89。『中国本草図録』Ⅵ/2723
   H. scabrum (糙枝金絲桃)
   H. senanense
     シナノオトギリ ssp. senanense
     イワオトギリ ssp. mulyiloides
   H. seniawini(密腺小連翹)
   センカクオトギリ H. senkakuinsulare
   タカネオトギリ H. sikokumontanum
   H. stellatum (星萼金絲桃)
   H. subalatum (方莖金絲桃)
   シラトリオトギリ H. tatewakii
   シカクオトギリ H. tetrapterum
   ビロードオトギリ H. tomentosum
   トサオトギリ H. tosaense
     セトウミオトギリ f. insulare
   ヒマラヤキンシバイ H. uralum(匙萼金絲桃・苦連翹・洱海連翹)
   オシマオトギリ H. vulcanicum
   クロテンシラトリオトギリ H. watanabei
   H. wightianum(遍地金・尼泊爾金絲桃)
     ssp. axillare (察隅遍地金)
   H. wilsonii (川鄂金絲桃)
   マシケオトギリ H. yamamotoi
   エゾオトギリ H. yezoense
   ダイセツヒナオトギリ H. yojiroanum 
 和名は、鷹匠晴頼が弟を切った故事に基づく(和漢三才図絵)
 がんらい漢名を連翹というものは大小二種あり、ともにオトギリソウ科の植物であり、大連翹はトモエソウ、小連翹はオトギリソウを言ったものである。
 レンギョウを見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)草の部の連翹に、「和名以多知波世、一名以多知久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)連翹に、「和名以多知久佐、一云以太知波勢」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州・琉球)・朝鮮・中国(安徽・江西・兩湖・貴州・四川)・南千島・サハリン南部に分布。
 中国では、全草を小對葉草と呼び、薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index