おきなぐさ (翁草) 

学名  Pulsatilla cernua (=Anemone cernua)
日本名  オキナグサ
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  ネコバナ・ネコグサ、シャグマグサ、ウナイコ、チゴバナ
漢名  朝鮮白頭翁(チョウセンハクトウオウ,chaoxian baitouweng)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  
英名  Korean pulsatilla
2009/04/20 仙台市東北大学植物園

2004/04/10 小石川植物園


2007/05/03 薬用植物園


 オキナグサ属 Pulsatilla(白頭翁屬)の植物には、広くユーラシアに約43種がある。
   P. ambigua (蒙古白頭翁・新疆白頭翁) 『中国本草図録』Ⅸ/4119
   オキナグサ P. cernua (Anemone cernua)
日本(本州・四国・九州)産
     チョウセンオキナグサ var. coreana(P.coreana;朝鮮白頭翁)
大陸産
   ヒロハオキナグサ P. chinensis (白頭翁・白頭公・大将軍草・大碗花・老公花)
         
『中国本草図録』Ⅲ/1128・『中国雑草原色図鑑』70
   P. companella (阿爾泰白頭翁)
   P. dahurica (興安白頭翁)
 『中国本草図録』Ⅵ/2594
   P. koreana (朝鮮白頭翁)
   ツクモグサ P. nipponica
   ミヤマオキナグサ P. nivalis
   P. patens (掌葉白頭翁・腎葉白頭翁) 『中国本草図録』Ⅸ/4120
   P. sukaczevii (黄花白頭翁)
   タカオカソウ P. taraoi
   P. turczaninovii (細葉白頭翁・細裂白頭翁) 『中国本草図録』Ⅸ/4121

 また、ヨーロッパ・アメリカには次のようなものがある。
   P. alpina
アルプス原産。白花。
     ssp. sulphurea
黄花。
   セイヨウオキナグサ P. halleri
   P. occidentalis
北アメリカ産
   ハルオキナグサ P. vernalis(Anemone vernalis) 
ピレネー・アルプス原産
   P. vulgaris
アルプス原産、『週刊朝日百科 植物の世界』8-226 
 キンポウゲ科 Ranunculaceae(毛茛科)の植物については、キンポウゲ科を見よ。
 和名は、花の散ったのちの長い花柱が集まった様子を、老人の白髪頭に擬えて。
 方言にネコグサ・ネコバナというのは、同じものをネコの毛に見立てて。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)白頭公に、「和名於岐奈久佐、一名奈加久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)白頭公に、「和名於木奈久佐、一云奈加久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』8
(1806)白頭翁に、「ナカグサ和名鈔 オキナグサ同上 ゼガイサウ信州筑前 シヤグマザイコ シヤグマグサ石州 チゝカウ チゴバナ加州播州 チンコバナ信州 チゝンコ仙台 チチコ野州 カハラチゴ同上 チンゴ但州 チゴノマヒ越中 オチコセハセナ水戸 カハラバナ仙台 カハラザイコ炮炙全書 ガクモチ濃州 カヅラ同上 ガクサウ同上 ツハブキ参州 ネコグサ筑前 ネコバナ筑後 ゲジゲジマナイタ加州 ダンゼウドノ讃州 ダンゼウ阿州 ゼウドノ四国 カブロ木曾 カブロサウ伊州 ヒメバナ大阪 オニゴロ越中 テングノモトドリ同上 ウナイコ花家 ウネコ薩州 ヲナイコ肥後 ウバガシラ松前 ヲバガシラ津軽 ヤマブシバナ石州 シヤンゴバナ播州龍野 ホウコグサ同上姫路 コラコラ同上木梨村 コマノヒザ仙台 ケイセンクハ備前作州 ケイセイサウ甲州備中 ヌスビトバナ肥前 ヌスドバナ和州 ハグマ泉州 キツネコンコン備後 ヲカンサウ モノグルヒ飛州 カツチキ同上 ガンボウシ上野 ジイガヒゲ藝州」と。
 漢名の白頭翁は、和名と同じく、花の散ったのちの長い花柱が集まった様子を、老人の白髪頭に擬えたものか。
 ただし、時珍『本草綱目』
(ca.1596)白頭翁の釈名には、「根に近き処に白い茸(にこげ)有り。状は白頭老翁の如し。故に以て名と為す」とある。
 日本・朝鮮・中国(東北)・ロシア(極東部)に分布。
 全国では絶滅危惧Ⅱ類(VU)、埼玉では絶滅危惧ⅠA類(CR)、東京では絶滅。
 中国に産するヒロハオキナグサの根を白頭翁と呼び、薬用にする。
 日本では、かつて国産のオキナグサの根を 白頭翁の代用にしたが、今は用いない。
 『万葉集』に、

   芝付
(しばつき)のみうらさきなるねつこぐさ
     あひ見ずあらばあれ
(我)(恋)ひめやも (14/3508,読人知らず)

とある「根都古
(ねつこ)草」は、一説にオキナグサであり、「美宇良(みうら)埼」は神奈川県の三浦崎であるという。
 
  おきな草口あかく咲く野の道に光ながれて我ら行きつも
     (斎藤茂吉「死にたまふ母」(1913)より、野辺送りの光景。『赤光』所収) 
  山のべにくれなゐ深き白頭翁
(おきなぐさ)ほほけしものは毛になりにけり
     
(1930「妙高高原」,斎藤茂吉『たかはら』) 
  小園のをだまきのはな野のうへの白頭翁の花ともににほひて
     (1945「疎開漫吟」,齋藤茂吉『小園』) 
  おきなぐさここに残りてにほへるをひとり掘りつつ涙ぐむなり
  をさなくてわれ掘りにけむ白頭翁山岸にしてはやほろびつる
     (1946,齋藤茂吉『白き山』)
 
 ヨーロッパでは、セイヨウオキナグサ P. vulgaris の全草を民間薬として用いた。
 北米の先住民は、P. patens(掌葉白頭翁)を薬用にした。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index