みやまもじずり (深山捩摺)

学名  Neottianthe cucullata (Gymnadenia cucullata)
日本名  ミヤマモジズリ
科名(日本名)  ラン科
  日本語別名  
漢名  二葉兜被蘭(ニヨウトウヒラン,eryedoubeilan)
科名(漢名)  蘭科
  漢語別名  兜被蘭、百歩還陽丹(ヒャクホカンヨウタン,baibuhuanyangdan)、鳥巣蘭
英名  
2008/08/29 群馬県嬬恋村
 ミヤマモジズリ属 Neottianthe(兜被蘭屬)、或はテガタチドリ属 Gymnadenia(手參屬)。
 ミヤマモジズリ属 Neottianthe(兜被蘭屬)には、次のようなものがある。
   N. calcicola (密花兜被蘭)
   N. camptoceras (大花兜被蘭)
   ミヤマモジズリ N. cucullata (Gymnadenia cucullata;二葉兜被蘭・百歩還陽丹)
   フジチドリ G. fujisanensis(Gymnadenia fujisanensis)
   N. pseudodiphylax (兜被蘭) 
 テガタチドリ属(チドリソウ属) Gymnadenia(手參屬)には、次のようなものがある。
   ノビネチドリ G. camtschatica(Neolindleya camtschatica)
   テガタチドリ
(チドリソウ) G. conopsea(手參・手掌參・陰陽草) 『中国本草図録』Ⅲ/1450
   G. crassinervis(粗脈手參)
   ミヤマモジズリ G. cucullata(Neottianthe cucullata;二葉兜被蘭・百歩還陽丹)
   フジチドリ G. fujisanensis(Neottianthe fujisanensis)
   G. orchidis (西南手參) 『中国本草図録』Ⅸ/4450

 広義のチドリソウ属には、ミヤマモジズリ属・ヒナラン属などを含む。これらを細分した狭義のチドリソウ属は、テガタチドリ
(チドリソウ)1種のみ。 
 ラン科 Orchidaceae(蘭科)については、ラン科を見よ。
 和名は、姿形が ややモジズリに似ることから。ただし、別属別種である。
 日本(北海道・本州中部以北・四国)・朝鮮・中国(華北・河南・陝西・新疆・西南)・千島・樺太・モンゴル・シベリア・ヨーロッパに分布。
 埼玉県では、絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
 中国では、根をつけた全草を 百歩還陽丹と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index