かわらけつめい (河原決明) 

学名  Chamaecrista nomame (Cassia mimosoides ssp. nomame, Cassia nomame)
日本名  カワラケツメイ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  ネムチャ(合歓茶)、ハマチャ(浜茶)、マメチャ(豆茶)、コウボウチャ、オワリケツメイ、ノマメ、アキボトクリ
漢名  豆茶決明(トウチャケツメイ,douchajueming)
科名(漢名)  豆科
  漢語別名  山野扁豆・山扁豆(サンヘントウ,shanbiandou,さんぺんづ)、關門草、山梅豆、水通、水皂角、山茶葉、金豆子
英名  Nomame senna

2007/07/21 薬用植物園

2007/08/13 同上

2007/10/08 同上

2005/10/23 同上


 かつてのカワラケツメイ属 Cassia(決明屬・蕃瀉屬)は、最近では次の3属に分ける見解が受け入れられつつあるという。
   カワラケツメイ属 Chamaecrista
 世界の熱帯を中心に約250種、日本には3種
   ナンバンサイカチ属 Cassia
 世界の熱帯を中心に約30種
   センナ属 Senna
 世界の熱帯を中心に約240種 
 広義のカワラケツメイ属 Cassia(決明屬・蕃瀉屬)には、次のようなものがある。

   センナ
(アレクサンドリアセンナ) C. acutifolia(C.senna, C.angustifolia, C.alexandriana,
         Senna alexandrina, Senna angustifolia;尖葉蕃瀉・埃及栴那;
        E. Alexandrian senna)
エジプト南部・スーダン産、アレクサンドリアから輸出
   C. agnes(C.javanica var.agnes;神黄豆・雄黄豆)
『中国本草図録』Ⅴ/2155
   ハネセンナ C. alata(Senna alata;翅莢決明・有翅決明・翼柄栴那・對葉豆)
        
 熱帯アメリカ原産、観賞用に栽培
   C. alexandrina → C. acutifolia

   ホソバセンナ C. angustifolia(Senna angustifolia;狹葉蕃瀉;
        E.Tinnevelly senna,Indian senna)
   C. arborescens → C. glauca
   C. auriculata(Senna auriculata;耳葉蕃瀉・耳葉決明)
インド原産。『中薬志Ⅲ』p.305
   C. bicapsularis(雙葉決明)
   コバノセンナ C. coluteoides(Senna pendula)
   ハナセンナ C. corymbosa(Senna corymbosa)
観賞用
   フタホセンナ C. didymobotrya(Senna didymobotrya)
   C. dimidiata(西南山扁豆・二半決明)
   ナンバンサイカチ C. fistula(臘腸樹・阿勃勒・牛角樹・黄槐花樹・婆羅門皂莢;
        E.Golden shower tree)インド原産、ヒンドゥー語で amaltas。
        『アユール・ヴェーダ』では下剤。
        『中国本草図録』Ⅸ/4190・『週刊朝日百科 植物の世界』5-33
   キダチハブソウ C. floribunda(Senna×floribunda;光葉決明)
『中国本草図録』Ⅱ/0615
   ヨツバセンナ C. fruticosa(Senna fruticosa;大葉決明)
   ガランビネムチャ Chamaecrista garambiensis(Cassia garambinensis,
         Cassia mimosoides var.pacifica, Cassia mimosoides ssp.garambiensis)
   モクセンナ C. glauca(C. surattensis;黄塊決明・粉葉決明;E. Largeanther senna)
   ウマセンナ C. grandis
   ケセンナ Senna hirsuta(Cassia hirsuta;毛莢決明)
   ジャワセンナ C. javanica
     バライロモクセンナ var. indochinensis(C.nodosa;節果決明・神黄豆・雄黄豆)
   タイワンカワラケツメイ Chamaecrista lechenaultiana(Cassia lechenaultiana,
         Chamaecrista nicticans ssp.patellaria var.glabrata,
         Cassia mimosoides ssp.lechenaultiana;
短葉決明・短葉山扁豆・地甘油・
         牛舊藤・鐵箭矮陀)
『中国本草図録』Ⅱ0616
   リュウキュウカワラケツメイ C. mimosoides(含羞草決明・山扁豆・決明子・黄瓜香)
        
 『中国本草図録』Ⅷ/3655
     var. garambiensis → C. garambiensis
     var. nomame → C. nomame
     var. pacifica → C. garambiensis
     var. wallichiana(短葉山扁豆・鐵箭矮陀)
   C. multijuga(密葉決明)
   C. nodosa → C. javanica var. indochinensis
   カワラケツメイ
(ノマメ) Chamaecrista nomame(Cassia mimosoides var.nomame,
         Cassia nomame;豆茶決明)『中国雑草原色図鑑』99
   C. obovata(倒卵葉蕃瀉)
『中薬志Ⅲ』p.305
   エビスグサ C. obtusifolia(Senna obtusifolia, C.tora auct.non L.;
        決明・馬蹄決明・鈍葉決明・假綠豆・草決明)
熱帯アメリカ原産
   ハブソウ C. occidentalis(C.torosa auct.non Cav., Senna occidentalis;望江南・
        野扁豆・小羊角豆・喉白草)
熱帯アメリカ原産。『雲南の植物Ⅱ』125・『中国雑草原色図鑑』100
   C. pumila(柄腺山扁豆)
   タガヤサン C. siamea(Senna siamea;鐵刀木)
        
『雲南の植物Ⅲ』133・『中国本草図録』Ⅰ/0118
   オオバノセンナ C. sophera(Senna sophera;茳芒決明・槐葉決明・望江南)
        
『中国本草図録』Ⅳ/1689
   C. suffruticosa → C. glauca
   C. surattensis → C. glauca
   ホソミエビスグサ
(エビスグサ) C. tora(L)Roxb. (Senna tora L;
        決明・馬蹄決明・假綠豆・小決明)
 熱帯アジア原産。
        『中薬志Ⅱ』pp.129-131、『中国本草図録』Ⅰ/0119・『中国雑草原色図鑑』100
   C. torosa → C. occidentalis 
 マメ科 Leguminosae(Fabaceae;豆科)については、マメ科を見よ。
 そのジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae(雲實亞科)乃至ジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae(雲實科)については、ジャケツイバラ亜科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)決明の条に、「山扁豆ハヲハリ決明也。一名カハラ決明 アキボトクリ筑前」と。
 属名 Cassia は、本属植物のギリシア名から。
 属名・英名の Senna は、アラブ語の sana から。
 日本・朝鮮・中国(東北・河北・山東・浙江・江西・四川・貴州)に分布。
 中国では、全草を水皂角(スイソウカク,shuizaojiao)と呼び、種子を水皂角子と呼び、それぞれ薬用にする。
 日本では、種子を ハブソウの実(望江南子)やエビスグサの実(決明子)と同様に用い、ハブ茶の代りにする。
 また、果実のついた全草を山扁豆
(さんぺんづ)と呼び、薬用にする。ただし、中国の山扁豆は、リュウキュウカワラケツメイ C. mimosoides(含羞草決明)の全草。 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index