はぶそう (波布草)

学名  Cassia occidentalis (Senna occidentalis, C.torosa)
日本名  ハブソウ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  クサセンナ
漢名  望江南(ボウコウナン,wangjiangnan)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  石決明、金豆子、野扁豆(ヤヘントウ,yebiandou)、喉白草(コウハクソウ,houbaicao)、羊角草(ヨウカクソウ,yangjiaocao)・羊角豆、山綠豆、假決明、山珈琲
英名  Coffee senna
2006/08/12 薬用植物園
2006/08/28 明治薬科大学薬草園 2007/10/08 薬用植物園

 カワラケツメイ属 Cassia(決明屬)或はセンナ属 Senna については、カワラケツメイ属を見よ。
 和名ハブソウは ハミ草、つまりマムシ草の意で、蝮に嚙まれたときにこの草の汁をつければよいと考えられたことからつけられたものであろう、という(牧野)
 熱帯アメリカ原産。中国では、全国で栽培する。
 日本には江戸時代に渡来し、琉球・小笠原に帰化、各地で栽培する。
 中国では、莖・葉を望江南と呼び、種子を望江南子と呼び、薬用にする。
 日本では、種子を望江南子
(ぼうこうなんじ)といい、エビスグサの種子である決明子(けつめいし)と同様に用いる。また、種を焙じ、煎じてハブ茶とする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index