からすうり (烏瓜) 

学名  Trichosanthes cucumeroides
日本名  カラスウリ
科名(日本名)  ウリ科
  日本語別名  タマズサ(玉梓)、ムスビジョウ(結状)、グドウジン
漢名  王瓜(オウカ,wanggua)
科名(漢名)  葫蘆(コロ,hulu)科
  漢語別名  假栝樓(カカツロウ,jiagualou)、土瓜(ドカ,tugua)、苦瓜蓮、吊瓜
英名  Japanese snake gourd
2004/07/12  小平市
2006/08/21 秋が瀬公園
2005/10/01 清瀬市中里

2008/10/09 入間市宮寺
2004/11/21 武蔵嵐山

 カラスウリ属 Trichosanthes(栝樓屬)には、東アジア・東南アジア・インド・オーストラリアに約15-50種がある。

   ヘビウリ T. anguina (T.cucumerina;蛇瓜・蛇豆;E.Snake gourd)

   ムニンカラスウリ T. boninensis
   オオカラスウリ T. bracteata (T.Tricuspidata;大苞栝樓)
   カラスウリ T. cucumeroides (王瓜・假栝樓)
   T. dioica
インド・ネパールの温帯で食用に栽培
   T. dunniana(糙點栝樓)
 『雲南の植物Ⅱ』91・『中国本草図録』Ⅹ/4878
   T. himalensis (喜馬拉雅瓜樓・實葫蘆)
   T. hylonoma (圓子栝樓)
   T. kerrii(長果栝樓)
 『雲南の植物Ⅲ』68
   トウカラスウリ
(シナカラスウリ・チョウセンカラスウリ)T. kirilowii(栝樓・瓜蔞・藥瓜)
     キカラスウリ var. japonica
   T. laceribractea(長萼栝樓)
 『中国本草図録』Ⅹ/4879
   T. lepiniana (馬干鈴栝樓)
   リュウキュウカラスウリ T. miyagii
   モミジカラスウリ T. multoloba(多裂栝樓)
        日本(本州紀伊半島以西・四国・九州)・中国(兩廣・四川)に分布。
        
果実・果皮・種子を薬用、『中薬志Ⅱ』pp.344-352
   T. obtusiloba (金絲蓮)
   T. pedata (叉指葉栝樓・土花粉・山苦瓜) 『中国本草図録』Ⅸ/4351
   T. quinquangulata (五角葉栝樓)
 『雲南の植物Ⅲ』68
   T. rosthornii (華中栝樓)
   ケカラスウリ T. rostrata
   T. rubriflos (紅花栝樓) 
 『雲南の植物Ⅲ』68・『中国本草図録』Ⅴ/2338
   T. xinopunctata (長萼栝樓)
   T. truncata (大子栝樓)
   T. uniflora (雙邊栝樓)
 『中国本草図録』Ⅶ/3360
   T. wallichiana(薄葉栝樓)
 『雲南の植物Ⅱ』91 
 ウリ科 Cucurbitaceae(葫蘆科)については、ウリ科を見よ。
 別名のタマズサ・ムスビジョウは、種子の形から。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)王瓜に、「カラスウリ タマヅサ キツネノマクラ丹波 ゴウリ筑後 タマヅサゴウリ筑前 ムスビゼウ阿州 グドウジ土州 チヤウチゴフ豫州」と。
 属名は、ギリシア語 thrix(毛)と anthos(花)の組合わせ、花冠が毛のように細裂することから。
 日本・中国(江蘇・浙江・湖北・雲南)に分布。
 塊根を土瓜根(ドカコン,tuguagen)・王瓜根(オウカコン,wangguagen)と呼び、種子を王瓜仁(オウカニン,wanguaren)と呼び、いずれも薬用にする。
 また、キカラスウリの代用として、根から天花粉(テンカフン,tianhuafen)を採り、江浙地方では果実・種子を栝樓とする。
 『礼記』「月令」四月に、「王瓜生ひ、苦菜(くさい。ケシ・アザミなどの苦味のある草) 秀づ」と。
 『大戴礼』「夏小正」四月に、「王萯(わうふ。カラスウリ) 秀(ひい)づ」と。
 『爾雅』釋草に、「蔩(イン,yin)、菟瓜(トカ,tugua)」と、郭璞注に「菟瓜、似土瓜(ドカ,tugua)」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index