つるれいし (蔓茘子) 

学名  Momordica charantia
日本名  ツルレイシ
科名(日本名)  ウリ科
  日本語別名  ニガウリ、ゴーヤー
漢名  苦瓜(クカ,kugua,fu kwa)
科名(漢名)  葫蘆(コロ,hulu)科
  漢語別名  涼瓜、錦茘枝、癩瓜、癩葡萄
英名  Balsam pear, Bittermelon(Bitter gourd), Alligator pear, Bitter cucumber
2005/07/11   三芳町竹間沢
2005/07/17  清瀬市下宿

2005/08/23 三芳町竹間沢
果実は黄熟し、やがて先端が裂けて鮮紅色の内容が露出する。
この赤い果肉は甘い。

 ツルレイシ属 Momordica(苦瓜屬)には、熱帯・亜熱帯に約60種がある。
   ツルレイシ M. charantia(苦瓜)
     var. abbreviata(小苦瓜)
 『中国本草図録』Ⅵ/2863
   M. cochinchinensis(木鼈・漏苓子)
        
種子を木鼈子と呼び薬用。『中薬志Ⅱ』pp.50-52、『中国本草図録』Ⅰ/0363
   M. foetida
熱帯アフリカ産、薬用
   M. grosvenori(光果木鼈)
   M. subangulata(凹萼木鼈・野苦瓜) 『中国本草図録』Ⅹ/4877 
 ウリ科 Cucurbitaceae(葫蘆科)については、ウリ科を見よ。
 和名ツルレイシは、果実の外観がレイシに似ていることから。
 漢名苦瓜・和名ニガウリは、実が苦いことから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)24苦瓜に、「ツルレイシ レイシ ニガウリ阿州 ゴウリカヅラ長崎 ニガゴヲリ筑後 トウゴヲリ嶋原」と。
 インド原産。広く中国・東南アジアで栽培。中国には明代に入る。
 日本には、一説に慶長(1596-1615)年間までに、一説に宝永(1704-1711)年間に入った。果実の観賞用に栽培され、果実を食うのは南西諸島・九州のみであったが、今は首都圏でも蔬菜として食用にする。
 中国では、明初の『救荒本草』に初見。
 根・藤・葉を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index