いぬなずな (狗薺)

学名  Draba nemorosa
日本名  イヌナズナ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  
漢名  葶藶(テイレキ,tingli)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shizihua)科
  漢語別名  丁歴
英名  
2010/05/03 群馬県吾妻郡嬬恋村

 イヌナズナ属 Draba(葶藶屬)には、世界に約300種がある。
   ハリイヌナズナ D. aizoides
ピレネー・アルプス・アペニン原産
   D. alpina(高山葶藶)
   D. altaica(阿爾泰葶藶)
   D. amplexicaulis(抱莖葶藶)
   エゾイヌナズナ D. borealis(北方葶藶)
   D. calcicola(灰岩葶藶)
   D.×composita(複合葶藶)
 lichiangensis と piepunensis の雑種
   D. dasyastra(柱形葶藶)
   D. elata(高莖葶藶)
   D. ellipsoidea(橢圓果葶藶)
   D. eriopoda(毛葶藶)
   D. fladnizensis(福地葶藶)
   D. glomerata(球果葶藶)
   D. gracillima(纎細葶藶)
   D. granitica(岩葶藶)
   D. handelii(矮葶藶・韓氏葶藶)
   D. hirta(硬毛葶藶)
   シリベシナズナ D. igarashii
   D. incana(灰白葶藶)
   D. incompta(星毛葶藶)
   D. involucrata(総苞葶藶)
   ナンブイヌナズナ D. japonica
   D. jucunda(大花葶藶・愉悦葶藶)
 『雲南の植物Ⅰ』88
   キタダケナズナ
(ハクホウナズナ) D. kitadakensis
   D. ladyginii(苞序葶藶)
   D. lanceolata(錐果葶藶)
   D. lasiophylla(毛葉葶藶)
   D. lichiangensis(麗江葶藶)
   D. linearifolia(綫葉葶藶)
   D. matangensis(馬塘葶藶)
   D. menalopus(天山葶藶)
   D. mongolica(蒙古葶藶)
   D. moupenensis(寶興葶藶)
   D. multiceps(山葶藶)
   ソウウンナズナ D. nakaiana
   イヌナズナ D. nemorosa(葶藶)
 『中国本草図録』Ⅵ/2626・『中国雑草原色図鑑』78
     var. acaulis(短莖葶藶)
     var. latifolia(寛葉葶藶)
     メイヌナズナ var. leiocarpa(光果葶藶)
   クモマナズナ D. nipponica
   ヤツガタケナズナ D. oiana
   D. oreades(喜山葶藶・石波菜)
   D. oreodoxa(山景葶藶)
   D. parviflora(小花葶藶)
   D. piepunensis(匍匐葶藶)
   D. polyphylla(多葉葶藶)
   D. remotiflora(疏花葶藶)
   D. rockii(沼澤葶藶)
   モイワナズナ D. sachalinensis
   ミヤマナズナ
(トガクシナズナ) D. sakuraii
   D. sekiyana(臺灣葶藶・臺灣山薺)
   D. senilis(衰老葶藶)
   D. serpens(中甸葶藶)
   D. setosa(剛毛葶藶)
   シロウマナズナ D. shiroumana
   D. sibirica(西伯利亜葶藶)
   D. sikkimensis(錫金葶藶)
   D. stenocarpa(狹果葶藶)
   D. stepposa(草原葶藶)
   D. stylaris(伊寧葶藶)
   D. subamplexicaulis(半抱く莖葶藶)
   D. surculosa(山菜葶藶)
『雲南の植物』114
   D. tibetica(西藏葶藶)
   D. torticarpa(扭果葶藶)
   D. ussuriensis(烏蘇里葶藶)
   D. winterbottomii(綿毛葶藶)
   D. yunnanensis(滇葶藶・雲南葶藶)
 『雲南の植物Ⅰ』88 
 アブラナ科 Brassicaceae(Cruciferae;十字花科)については、アブラナ科を見よ。
 和名は、ナズナに似て食用にならないことから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)葶藶に、「和名波末多加奈、一名阿之奈都奈、一名波末世利」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)葶藶子に、「和名波末太加奈、一云阿之奈豆奈、又云波末世里」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12
(1806)葶藶に、「カラシ延喜式 ハマガラシ ハマタカナ共ニ同上。タカナト云ハカラシノコト イヌナヅナ ヒナノキンチヤク スゞメノキンチヤク」と。
 漢名の義は不明、と(本草綱目)
 広く北半球に分布し、日本では北海道・本州・四国・九州にある。
 中国では、種子を薬用にする。
 漢名を葶藶(テイレキ,tingli)という中草薬は、『中薬志』Ⅱpp.432-439、『全国中草薬匯編』、『中薬大辞典』などによれば、次のような植物の種子である。
   ヒメグンバイナズナ Lepidium apetalum(獨行菜・腺莖獨行菜・北葶藶子)
『中国雑草原色図鑑』83
   ベンケイナズナ Lepidium latifolium (寛葉獨行菜)
『中国雑草原色図鑑』82
   マメグンバイナズナ Lepidium virginicum(琴葉獨行菜・北美獨行菜・北葶藶子)

   コバノコショウソウ Lepidium ruderale(野獨行菜)
   クジラグサ Descurainia sophia(播娘蒿・抪娘蒿・眉毛蒿・密密蒿・麥蒿・羊辣罐・拉拉罐・辣麻麻子・辣辣菜・華東葶藶子)
『中国雑草原色図鑑』80
   イヌナズナ Draba nemorosa (葶藶・黑龍江葶藶子)『中国雑草原色図鑑』78
   ミチバタガラシ Rorippa dubia(R.montana;蔊菜)『中国雑草原色図鑑』86
   グンバイナズナ Thlaspi arvense(遏藍菜・敗醬草・菥蓂)『中国雑草原色図鑑』83
   エゾスズシロ Erysimum cheiranthoides(桂竹香糖芥)『中国雑草原色図鑑』81 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index