ぎしぎし 

学名  Rumex japonicus (=R. crispus ssp. japonicus)
日本名  ギシギシ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  ウシスイカ、ヘビスイコ、マクレッパ、ウマズッカシ、ウマノスイカシ、ダイオウ、ジゴクノネ、タンポコ、スイギク、ヘビギシギシ、ウマズイコ、イチシ、シノネ、シブクサ、シ
漢名  羊蹄(ヨウテイ,yangti)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liao)科
  漢語別名  蓚・蓨(チョウ,tiao)、當藥(トウヤク,dangyao)、鬼目(キモク,guimu)
英名  Japanese dock
2007/04/19 薬用植物園
2006/05/06 同上
2007/06/07 同上

2006/06/22 同上

 ギシギシ属 Rumex(酸模屬)には、次のようなものがある。
   スイバ(スカンポ)  R. acetosa (酸模,サンボ,suanmo) 『中国雑草原色図鑑』30
   ヒメスイバ R. acetosella(小酸模) 『中国本草図録』Ⅸ/4090
   ヌマダイオウ R. aquaticus(土大黄)
   カギミギシギシ R. brownii
   R. chalepensis(紅絲酸模・土大黄) 『中国本草図録』Ⅹ/4575
   アレチギシギシ R. conglomeratus
   ナガバギシギシ R. crispus (皺葉酸模・羊蹄葉)
         
 『中国本草図録』Ⅵ/2562・『中国雑草原色図鑑』31
   R. dentatus (齒果酸模) 『中国雑草原色図鑑』32
   カラフトダイオウ R. gmelini(毛脈酸模)
 『中国本草図録』Ⅵ/2563
   R. hastatus (戟葉酸模・細葉酸模・川滇土大黄)
        
 『雲南の植物Ⅱ』81・『中国本草図録』Ⅴ/2064・『中国雑草原色図鑑』33
   ミゾダイオウ R. hydrolapathum
   ギシギシ R. japonicus(R.crispus ssp.japonicus;羊蹄) 『中国雑草原色図鑑』31
   ノダイオウ R. longifolius(R.domesticus;直穗酸模)
『中国本草図録』Ⅳ/1603
   マダイオウ R. madaio(R.daiwoo)
   コガネギシギシ
(ハマスイバ) R. maritimus (R.chinensis;長刺酸模・連明子・殻菜)
         
『中国本草図録』Ⅵ/2564・『中国雑草原色図鑑』32
   R. marschallianus (馬氏酸模・鹽生酸模) 『中国雑草原色図鑑』32
   タカネスイバ R. montanus
   キブネダイオウ R. nepalensis (尼泊爾酸模・尼泊爾羊蹄・牛兒黄草)
        
 『中国本草図録』Ⅷ/3541・『中国雑草原色図鑑』33
   コギシギシ R. nipponicus
   エゾノギシギシ
(ヒロハギシギシ) R. obtusifolius (鈍葉酸模・金不換)
   R. patientia (巴天酸模) 
『中国本草図録』Ⅵ/2565・『中国雑草原色図鑑』34
     var. callosus(洋鐵酸模)
 『中国本草図録』Ⅵ/2566
   ノハラダイオウ R.×pratensis
   ヒョウタンギシギシ R. pulcher
   ニセアレチギシギシ R. sanguineus
   R. stenophyllus(窄葉酸模)
 『中国本草図録』Ⅳ/1604 
 タデ科 Polygonaceae(蓼科)については、タデ科を見よ。
 和名の語源は不明。はじめ京都の方言という。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)羊蹄に、「和名之乃祢」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)羊蹄に、「和名之布久佐、一云之」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』15(1806)羊蹄に、「シ
古歌 シブクサ和名鈔、阿州 シノネ和方書 シノネダイコン同上 イチシ古歌 イチシノハナ同上 シノハ南部 シノベ津軽 ギシギシ ギシギシダイワウ ノダイワウ シノヒタヒ ウシノシタ シイ備前 ギジギジ讃州 シロギシギシ河州 ダイワウ同上 ウシノハダイワウ仙台 ダイグサ三才図絵 カイルノキツケ泉州 イヌスイバ伯州 シンザイ雲州 ダイワウシンザイ ワダイワウ倶ニ同上 イヌシンザイ備後 スイトウ丹後 スリゴンボウ土州 スリゴンボ豫州 スイゴンボ スイジ倶ニ同上」と。
 蓚・(チョウ,tiao)は、ギシギシあるいはスイバ。
 
蓚の字は、日本ではシュウと読み、蓚酸(しゅうさん,しゅう酸) oxalic acid の語に用いる。しかし、漢語にはこの音はない。しゅう酸は、漢語では草酸。
 日本・朝鮮・中国に分布。
 スイバと異なり、茎や葉に酸味がなく、雌雄両性花をつける。
 根は羊蹄根と呼ばれて薬用に供し、また鉄媒染で鼠色の染料。
 『万葉集』に、「いちし」と記される植物は、諸説があるが、一にギシギシ、またクサイチゴ、エゴノキなど。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index