おおやまれんげ (大山蓮華) 

学名  Magnolia sieboldii ssp. japonica
日本名  オオヤマレンゲ
科名(日本名)  モクレン科
  日本語別名  ミヤマレンゲ
漢名  天女花(テンジョカ,tiannühua)
科名(漢名)  木蘭(ボクラン,mulan)科
  漢語別名  
英名  Siebold's magnolia
2007/05/18 学内 (オオヤマレンゲとして購入したが、オオバオオヤマレンゲであろう)
 基本亜種は、オオバオオヤマレンゲ ssp. sieboldii(M. parviflora)
 オオバオオヤマレンゲとホオノキの雑種に、ウケザキオオヤマレンゲがある。
 日本で見られるモクレン属 Magnolia(木蘭屬)の植物については、モクレン属を見よ。
 和名の大山は、奈良県の大峰山で発見された(或は大峰山に多い)ことから。
 漢名は、種に対するもの。
 日本(本州谷川岳以西・四国・九州・屋久島)・朝鮮・中国(安徽黄山・廣西)に分布。雄蕊は淡黄綠色乃至白色 
 オオバオオヤマレンゲは、朝鮮・中国
(遼寧)に分布。 雄蕊は赤紫色 
 花被片は、ふつう9枚。外側の3枚は萼片、卵形で小型。花瓣はふつう6枚、倒卵形。八重ざきの品種を、ミチコレンゲという。
 日本でオオヤマレンゲとして観賞用に栽培されているものは、ほとんど例外なくオオバオオヤマレンゲであると言う。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「辛夷(こぶし)のるひ」に、「玉蘭花 こふしのるひニて花形よし。玉蘭花をしでこぶし(シデコブシ)とよませたる本あり。しでこぶしとハ各別の物也。花の時分も相異なり」、「大山蓮花 玉蘭花ニ同」と。
多瓣品種 ミチコレンゲ  2007/04/29 神代植物公園
2007/05/20 同上
2007/06/02 同上



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index