まんりょう (万両) 

学名  Ardisia crenata
日本名  マンリョウ
科名(日本名)  ヤブコウジ科
  日本語別名  
漢名  朱砂根(シュサコン,zhushagen)
科名(漢名)  紫金牛(シキンギュウ,zijinniu)科
  漢語別名  圓齒紫金牛(エンシシキンギュウ,yuanchizijinniu)、大羅傘(タイラサン,daluosan)・大涼傘・鐡涼傘、珍珠傘・涼傘遮珍珠、豹子眼睛果、紅銅盤(コウドウバン,hongtongpan)、開喉箭、山豆根
英名  Coral ardisia
2008/04/24 入間市宮寺 (自生)
2005/07/17  小平市 (自生)
2004/08/02 新座市中野 (自生)
2005/11/16 同上
2005/12/20 同上
2006/01/15 薬用植物園
2006/06/07 落柿舎 (京都市右京区嵯峨)

 果実が黄熟するものをキミノマンリョウ、白熟するものをシロミノマンリョウ f.leucocarpa という。
 ヤブコウジ属 Ardisia(紫金牛屬)については、ヤブコウジを見よ。
 和名は、赤い実をつける様子がセンリョウ(千両)に似て、しかもセンリョウより豪華であることから。カラタチバナの訓を見よ。
 日本(本州関東以西・四国・九州・南西諸島)・済州島・臺灣・中国(安徽・浙江・江西・福建・兩湖・兩廣・四川・雲南)・東南アジア・チベットに分布。
 中国では、マンリョウ及び A. bicolor(紫背紫金牛)の根を、朱砂根と呼び 薬用にする。
 日本で観賞されるようになったのはセンリョウより後のことで、文献上の初見は『本草綱目啓蒙』(1803)。センリョウと同様に正月の飾りに用いる。
シロミノマンリョウ  f. leucocarpa  2007/12/26 所沢市本郷

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index